1. TOP
  2. スキンケア
  3. デリケートゾーンの黒ずみを短期間でケアする5つの方法

デリケートゾーンの黒ずみを短期間でケアする5つの方法

 2019/04/01 スキンケア この記事は約 11 分で読めます。
デリケートゾーンの黒ずみの原因

普段は人に見られることはないものの、水着になったり温泉などに行ったりすると気になるのがデリケートゾーンの黒ずみです。
ムダ毛を綺麗にお手入れしても、黒ずみがあったらそれだけで汚らしい印象を与えてしまいます。

また、都市伝説的なことだと分かっていても、黒ずみが目立つと遊んでいると思われないか不安になりますよね。
デリケートゾーンは、体の部位の中でも特に衛生面に気をつけたい部分です。

そこで今回は、デリケートゾーンの黒ずみを短期間でケアする5つの方法をご紹介します。
不衛生な印象を与える黒ずみはしっかり解消して、清潔感のあるデリケートゾーンを目指しましょう。

 

炭酸パック 潤つやリッチ

デリケートゾーンの黒ずみの原因

デリケートゾーンの黒ずみの原因

デリケートゾーンが黒ずんでしまったら、すぐにケアを行うのが短期間で解消できるポイントです。
ただし、いくら適切なケアをしても、黒ずみの原因を放置していたら効果は半減してしまいます。

一時的に改善できたとしても、またすぐに黒ずんでしまうかもしれません。
ケアの効果を高めるためにも、黒ずみを繰り返さないためにも、まずは原因を知ることが大切です。

ここでは黒ずみの原因とその原因を引き起こす要因をご紹介します。

 

黒ずみの原因はメラニン色素

デリケートゾーンの黒ずみやくすみなどを引き起こしているのはメラニン色素です。
メラニン色素と言えば、紫外線を浴びることによって生成されるイメージがあるかもしれません。

しかし、メラニン色素は肌がダメージを受けると作られるもので、紫外線が作り出しているわけではないのです。
デリケートゾーンは他の部位よりも刺激に弱いため、ちょっとしたダメージでも肌は自らを守るために防衛機能を発動します。

この機能がメラニン色素を作り出し、それが沈着することで黒ずみが発生するのですね。

 

衣類の摩擦や圧迫による刺激

デリケートゾーンは、常に下着が密着している状態です。
下着が密着すると、日常生活の行動によって擦れたり圧迫されたりするため、その刺激でメラニン色素が生成されます。

特に、自転車に乗ることが多かったり、デスクワークで長時間座ったりしている方はデリケートゾーンへの刺激が強いです。
またストッキングやタイツ、レギンスやスキニータイプのパンツを履くことが多い方も、擦れや圧迫を起こしやすいです。

体型に合わない下着やナイロン製など摩擦が起きやすい下着を着けている場合も、メラニン色素が生成されやすくなります。
下着を着けるのは日常的なことですが、この小さなダメージの蓄積が黒ずみを引き起こす要因となるのです。

 

ムダ毛処理による刺激

下着の摩擦による刺激よりも、さらに強いダメージを与えるのがデリケートゾーンのムダ毛処理です。
デリケートゾーンのお手入れは身だしなみの一つですが、自己処理の場合はカミソリや毛抜きを使うのが一般的です。

カミソリはムダ毛だけではなく、健康な角質まで削ってしまいます。
毛抜きは直接肌にダメージを与えることはないものの、無理にムダ毛を引き抜く時に毛穴周りの皮膚に大きな刺激を与えます。

そのため、肌の内部で炎症が起こり、メラニン色素が大量に生成されてしまうのです。

 

ターンオーバーの乱れ

メラニン色素というのは、生成されてもターンオーバーによって排出されます。
真夏に日焼けをしても冬になったら白くなるのは、ターンオーバーでメラニン色素がきちんと排出されるからです。

逆に、ターンオーバーが正常に働かないとメラニン色素が沈着したままになってしまいます。
ターンオーバーはストレスによる血行不良や乱れた食生活による栄養不足、慢性的なダメージなどでサイクルが乱れます。

デリケートゾーンは、下着の締め付けで慢性的なダメージを受けています。
さらに生活が不規則だったりストレスを抱えていると、ターンオーバーが滞り、色素沈着が起こりやすくなります。

 

乾燥肌や敏感肌

デリケートゾーンは下着の締め付けなどで角質に厚みがあるため、保水能力が低く、乾燥しやすい状態です。
肌の水分が不足していると、新しい肌細胞の生成が滞ってしまうのでターンオーバーも低下します。

また、敏感肌だとちょっとしたダメージでも肌への負担が大きくなるので、同様にターンオーバーが低下します。
前述したように、ターンオーバーが行われないとメラニン色素は沈着するため、肌の状態も黒ずみに関わってきます。

 

女性ホルモンのバランスが崩れている

実は、女性ホルモンもメラニン色素に関わっています。
女性ホルモンは女性らしい体を作る役割や、女性として必要な機能を維持する役割を持っています。

この機能の一つにあるのが、肌を守るという働きです。
そのため肌が刺激を受けると、メラニン色素の生成を促進してダメージから守ろうとします。

本来であれば過剰にメラニン色素が生成されることはありません。
しかし、女性ホルモンの分泌バランスが乱れると、メラニンを作る機能も乱れてしまうので、過剰生成されて色素沈着が引き起こされます。

 

デリケートゾーンの洗いすぎ

デリケートゾーンの黒ずみやニオイなどが気になると、洗浄力の強いボディソープやボディタオルで一生懸命洗ってしまいますね。
ですが、これが黒ずみを悪化させる原因になります。

ボディソープは少量でも十分に汚れを落としてくれるので、強いものを使うと肌が刺激を受けてしまいます。
ボディタオルで擦れば、当然ですが摩擦が起こります。

このような洗い方を毎日続けていると、メラニン色素の生成や沈着が促進されてしまい、状態はさらに悪くなってしまうので注意しましょう。

 

黒ずみを短期間で改善する方法

黒ずみを短期間で改善する方法

メラニン色素の沈着によって起こる黒ずみは、1日や2日で出来るものではありません。
肌が毎日受けるダメージが積み重なり、少しずつ色素が沈着していき、やがて目で分かるぐらいの黒ずみになります。

ですので、出来てしまった黒ずみが1日で消えることはありません。
ただし普通なら長期間かかる黒ずみ解消であっても、複数のケアを組み合わせて行うことで、短期間で改善するのは可能です。

ここでは5つのケア方法をご紹介するので、ぜひ実践してみてください。

 

①角質ケアでターンオーバー促進

黒ずみ解消のためには、メラニン色素を排出しなくてはいけません。
メラニン色素を排出するのはターンオーバー機能です。

つまり、黒ずみが起こっているということは、すでにターンオーバー機能が低下している状態で古い角質が溜まっています。
古い角質が残っていると、新しい肌細胞の生成が滞りターンオーバーサイクルが余計に遅くなります。

この状態を改善するには、角質ケアで古い角質を取り除かなくてはいけません。
フルーツ酸など角質を溶かす成分が入ったアイテムで、不要な角質を取り除けば、ターンオーバーが促進されてメラニンの排出が促されます。

 

スクラブケアはNG

角質ケアの一つに、スクラブを使うという方法があります。
ソルトなど大きめの粒子を使ったスクラブケアは、確かにしっかり古い角質を取り除いてくれます。

しかし、一気に角質を取り除いてしまうので、バリア機能が低下してよりダメージに弱い肌になってしまいます。
またスクラブ自体も肌に大きな負担をかけるため、メラニン色素が作られてしまう可能性があります。

ですので角質ケアはフルーツ酸やクレイなど肌に負担をかけないものを選んでください。

 

②保湿クリームで水分保持をサポート

角質ケアをすると新しい肌細胞が生成されやすくなりますが、水分不足のままでは生成までに時間がかかります。
黒ずみ改善には、保湿も重要なポイントです。

セラミドやヒアルロン酸など保湿に有効な成分が入ったクリームで、水分を保持する力をサポートしましょう。
指先にクリームを取ったら、クリームを押し込むように馴染ませてください。

この時、肌をこすってしまうと負担になるので、こすらないように注意しましょう。

 

専用クリームは効果ある?

デリケートゾーンの黒ずみには、専用のクリームも発売されていますね。
もちろん専用のクリームにも、基本的に保湿成分が配合されているので保湿効果があります。

デリケートゾーンは顔よりも角質が厚く硬いので、顔用の保湿クリームでは効果が弱いかもしれません。
もし普通の保湿クリームで効果が実感できないようであれば、専用クリームを使うのも効果的です。

ただし肌との相性が悪かったり、添加物など刺激になる成分が入っていたりすると効果がありません。
ですので、事前にトライアルやサンプルで試してみてから購入するのがおすすめです。

 

③美白ケアでメラニン色素を薄くする

メラニン色素の沈着を改善するには、美白ケアを行うのがもっとも効果的です。
ここで気をつけたいのが、美白へのアプローチには予防と改善の2種類があることです。

黒ずみを改善するには、沈着しているメラニン色素に働きかける美白成分を使いましょう。
メラニン色素の排出や還元作用があるのは、トラネキサム酸やハイドロキノン、ビタミンCです。

メラニン色素の生成を抑える美白成分では黒ずみの解消はできません。
美白ケアアイテムを選ぶ時には、しっかり美白に対してどのような働きをする成分が入っているかを確認してください。

 

④血行を促進してターンオーバーを活性化

黒ずみやすいVラインやIラインの周りというのは、下着などで一番締め付けられる部分です。
そのため、どうしても血行が悪くなってしまいます。

また足の付け根にはリンパ節があるため、ここが詰まってしまうと老廃物が溜まり、さらに血行が滞ります。
血行不良はターンオーバーを阻害するので、血行を促進して詰まりを解消しましょう。

ピンポイントでマッサージをするのもいいですが、血液は全身をめぐるので、運動や入浴などで全身の血行を促進するのがベストです。

 

⑤即効性を求めるならレーザー治療

とにかく早く、確実に黒ずみをケアしたいという方は、美容外科などでレーザー治療を行うのが近道です。
レーザー治療では、レーザーを照射してメラニン色素を分解し排出を促します。

ダイレクトにメラニン色素を分解できるので、セルフケアよりも効率よく黒ずみを解消できます。
ただ、レーザー治療は保険適用外ですし1回の施術で真っ白ということもないので、高額な費用がかかってしまいます。

また黒ずみの原因を改善しないと、黒ずみは再発してしまうのでしっかり検討してから施術を受けるようにしましょう。

 

黒ずみケアの注意点

デリケートゾーンの黒ずみの原因

黒ずみをケアする場合、メラニン色素を生成してしまう原因を取り除くことも鉄則です。
その中でも、特に注意したい点もチェックしておきましょう。

 

ムダ毛処理は慎重に

デリケートゾーンのムダ毛は、出来るだけ自己処理をしないのがベストです。
と言っても、脱毛サロンなどでの処理は難しいと言う方もいるでしょう。

もし自己処理しか方法がないという場合は、カミソリや毛抜きではなく、肌への負担が少ない電気シェーバーを使ってください。
処理をする時は、必ずシェービングジェルを使い、毛の流れに沿ってシェービングをすることでダメージを抑えることができます。

また、処理後は保湿クリームでケアをして、肌の回復をサポートするのも忘れないでください。

 

下着の素材を変える

黒ずみの一番の原因となるのが下着の締め付けです。
しかし下着を着けないわけにはいきませんから、素材やデザインで黒ずみを防ぎましょう。

摩擦が起こりやすいナイロン製は避けて、コットンやシルクなど肌に優しい素材がおすすめです。
デザインは、ボクサーパンツやVライン部分にゴムが入っていないタイプのものを選ぶといいですね。

また、家で過ごす時は下着を着けないようにすると、より黒ずみを効果的に防げます。

 

生活習慣を整える

スキンケアでもダイエットでも、基礎となるのは生活習慣です。
これはデリケートゾーンの黒ずみも例外ではありません。

新しい健康な肌細胞を作るには、体内の機能が正常に働くこと、肌細胞を作る栄養素が十分にあることが必要です。
この両方を満たせるのが規則正しい生活習慣です。

特別なことをするのではなく、3食きちんと食べる、たっぷり睡眠を取る、適度に体を動かすだけでも十分です。
生活習慣を意識して整えていけば、自然と食事内容に気をつけたり、体を動かすことを心がけるようになります。

生活習慣が整うと、体内機能が正常に働くので、黒ずみはもちろんさまざまなトラブルの解消や不調改善につながります。

 

デリケートゾーンの黒ずみケア法まとめ

デリケートゾーンの黒ずみケア法まとめ

毎日スキンケアをしている顔でも、色素沈着でシミやくすみが起こることがあります。
また、美白ケアをしても簡単に改善できないので、デリケートゾーンだと尚さら黒ずみ改善が難しいというイメージがあるかもしれません。

しかしメラニン色素を一番発生させやすいのは紫外線です。
デリケートゾーンは、ほとんど紫外線の影響を受けないので、きちんとケアをすれば排出が促進されていきます。

同時に原因を解消していけば、メラニン色素の生成も防げますから、黒ずみはどんどん改善できます。
デリケートゾーンの黒ずみが改善されないのは、ケア不足と黒ずみを放置してしまうからなので、適切なケアで美しいデリケートゾーンを手に入れてください。

 

炭酸パック 潤つやリッチ

\ SNSでシェアしよう! /

スキンケア・ボディケアなど美容情報満載|ビューティータイムズの注目記事を受け取ろう

デリケートゾーンの黒ずみの原因

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スキンケア・ボディケアなど美容情報満載|ビューティータイムズの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 髪の毛をサラサラにする方法!自宅で簡単13のセルフケア法

  • まつ毛が抜ける原因とは!まつ毛を伸ばす8つの方法とは

  • まぶたのたるみ解消法!原因や目元を若返らせる10の改善法

  • 代謝を上げる食べ物とは!体質改善を行い太らない体を作る食べ物

関連記事

  • 肌荒れを治す食べ物とは!体内から美肌を目指す

  • 敏感肌の改善法!スキンケアや生活習慣を変え敏感肌を治す方法

  • 肌のかゆみの原因とは!かゆみを抑える改善方法とは

  • 手の甲のシミを消す!手年齢を若返らせる6つのケア法とは

  • 唇のひび割れ・切れる原因とは!荒れる唇を治す対処法

  • 日焼け止めのSPFとPAの意味と正しい日焼け止めの選び方