1. TOP
  2. スキンケア
  3. 目頭のしわの改善法!原因と目元をスッキリ解消するケア方法

目頭のしわの改善法!原因と目元をスッキリ解消するケア方法

 2018/01/31 スキンケア この記事は約 7 分で読めます。
目頭のしわの改善法!原因と目元をスッキリ解消するケア方法

目頭にしわができるとすっかり老けた印象になってしまいます。
その上どことなく暗い性格だと誤解されて人間関係に影響を与えてしまうことも多いものです。

女性が悩むしわの代表が「ほうれい線」と「目元のしわ」であると言われていますが、目元はしわになりやすい部分なだけに日頃から適切なケアが必要です。
そのまま放っておくと、しわは深くなってしまいます。

気付いた時が改善する時!
原因を突き止めて、早めに対処することが大切です。

そこで今回は、目頭のしわの改善法をご紹介します。
目頭にしわができる原因とスッキリ解消するケア方法を知り、若々しい第一印象を相手に与えましょう。

 

目頭のしわをスッキリ解消する改善法

目頭のしわをスッキリ解消する改善法

目頭のしわは、放置しているとだんだん深くなってしまい、改善しにくくなってしまいます。
まだしわが薄く目立たないうちに、しっかりとケアしていきましょう。

では早速、目頭のしわの改善法をお伝えしていきます。

 

保湿重視のスキンケアをする

目元は皮脂分泌が少なく乾燥しやすいことが原因でしわが出来ていることが多いです。
水分と栄養をたっぷり与える必要がある目元には、保湿重視のスキンケアを行うようにしましょう。

化粧水や乳液などに含まれる保湿成分にもいろいろな種類がありますが、中でも保湿効果の高いセラミドがオススメです。

ヒアルロン酸やコラーゲンは分子量が大きいので、お肌に塗ってもなかなか真皮層にまで到達しません。
しかし、セラミドは表皮のすぐ下にある角質層の細胞間脂質の主成分なのでお肌にスムーズに浸透してしっかり保湿してくれるのです。

また、目元専用に作られたアイクリームを使うのもオススメです。
アイクリームは美容成分が豊富に配合されていますし、肌に優しい成分で作られているので、普段のお手入れにプラスして使うと効果的です。

塗り方は、指の腹を使って優しくなじませることです。
皮膚が薄く乾燥しやすい目元は、他の部分よりも念入りに保湿するようにしましょう。

 

目元のツボを刺激する

目元のツボを刺激する

いつも瞬きをしたりモノを見る時に使う目は、とても疲れが溜まりやすい部分といえます。

ツボを指圧することによって、血行を良くして目の疲れを解消しましょう。
そうすることにより、しわの原因の一つである目元の乾燥も改善するのです。

目の下のしわを減らすのに効果的なツボは、

  • 眉頭のくぼみにある「攅竹(さんちく)」
  • 目尻の横1センチ外側のくぼみにある「瞳子(どうし)りょう」
  • 眉尾の骨のへこんだところにある「絲竹空(しちくくう)」

などです。

それぞれのツボを息をゆっくり吐きながら、人差し指で5秒間の指圧を行い3回ほど繰り返しましょう。

目の周りはとてもデリケートです。
ツボを指圧する時は強く擦らず、洗顔後のスキンケアを行った後などに行うと良いでしょう。

また、しわを改善することに焦ってやりすぎてしまうと逆効果となってしまうことがあるので注意しましょう。

 

クリームを使ってマッサージをする

マッサージをすると血行が良くなり、老廃物が流れやすくなります。
さらに、お肌に必要な栄養が隅々まで行き渡るので目頭のしわにも効果を発揮します。

目の周りをマッサージをする時は、摩擦で肌に負担をかけないようアイクリームやマッサージクリームを使いましょう。

クリームを選ぶ際のポイントは、

  • しっかり潤うこと
  • 伸びが良いこと
  • ベタベタしないこと

などです。

 

▼目元のマッサージ方法
まずはクリームを適量手に取って体温で温めてから目の周りにクリームを伸ばしてください。
次に、中指と薬指を使って眉毛の内側からこめかみへ流します。
同様に眉毛の上を内側からこめかみへ、眉毛の下を内側からこめかみへそれぞれ流してください。
これを3回繰り返します。

眉毛の周りの血行を良くすることで、目元もスッキリとし目元のしわ予防にもなりますのでぜひ試してみてくださいね。

 

眼輪筋を鍛える

目頭のしわを改善するには、目の表情筋を鍛えることも大切です。
眼輪筋とは、眼球の周りをドーナツ状に囲んでいる筋肉のことです。

この土台となる筋肉を鍛えることで、目元にハリが戻りしわが目立たなくなります。

 

▼眼輪筋を鍛える方法
まず目にギュッと力を入れて目を閉じた状態を5秒間キープします。
次に大きく目を見開き、そのまま5秒間キープするだけです。

いつでも簡単に出来るエクササイズなので、ちょっとしたスキマ時間を有効活用して行ってみてください。
諦めずコツコツ続けてしわを改善しましょう。

 

ストレッチをする

目頭のしわは、同じところが折れて深くなっていくものです。
よって、同じところが折れないように一日一度はストレッチをして伸ばすようにしましょう。

 

▼ストレッチをする方法
まず片一方の手で鼻の付け根をつまみ、もう片方の人差し指でこめかみを上にゆっくり引っ張ります。
この状態をキープしたまま、目を開いたり閉じたりを10 回ほど繰り返しましょう。
反対側も同じように行います。
次に両手の中指と人差し指をそれぞれ眉頭と眉尻に置き、その指を少し上に上げます。
この状態をキープしたまま、目を開いたり閉じたりを10 回ほど繰り返しましょう。

皮膚は引っ張りすぎりと伸びてしまいます。
よって、ストレッチをする際は皮膚を引っ張りすぎないように注意して行ってください。

 

アイピローを使う

目元専用枕であるアイピローを使えは、手軽に目元の血行促進を図ることができます。
パソコンなど仕事で目が疲れやすい人は、毎日行うと良いでしょう。

またホットアイマスクでも同じ効果があり、いつでもすぐに温かくなるのでオススメです。
ちなみに、これらは血行促進だけでなく乾燥防止にも効果があります。

 

ボトックス注射をする

早く目頭のしわを改善したいという人には、手軽にでき人気があるプチ整形「ボトックス注射」がオススメです。
ボトックス注射は、ボツリヌス菌などの薬剤を注射して筋肉の緊張を緩める効果があり、表情から刻まれるしわを防いでくれます。

一度の治療で3ヶ月程度持続します。
美容皮膚科や美容整形外科などで受けられ、料金の相場は15,000~50,000円ほどです。

 

目頭にしわができる原因

目頭にしわができる原因

目元の皮膚は0.2㎜ほどの厚さしかないので、とてもデリケートです。
乾燥や紫外線、血行不良、表情のクセなどのちょっとした刺激でもしわの原因になりやすいといえるでしょう。

また過剰なアイメイクをしていたり、朝起きた時に無意識に擦っていたり、花粉症でよく目を擦っていたりしませんか?
目元はちょっとした刺激が大きな負担になってしまいます。

20代と若いのに目頭にしわができてしまった人は、上記のような原因を疑ってみましょう。

もしかしたら一つではなく、いくつかの原因が重なっている可能性もあります。
目の周りには、過剰な刺激を与えず充分な保湿を心掛けてください。

当たり前といえば当たり前ですが、加齢による肌の老化でもしわができます。
加齢とともに乾燥や刺激など複数の原因が加わると、早い老化を起こしてしまいます。

普段のスキンケアや習慣を見直すことで、年齢を重ねても老化を防ぐことは可能です。
正しいお手入れや予防などを行うことで、実年齢より若い目元でいることができるでしょう。

 

目頭のしわの改善法についてのまとめ

目頭のしわの改善法についてのまとめ

いかがでしたか?
目頭にしわができる原因と目元をスッキリ解消するケア方法をご紹介いたしました。

乾燥や紫外線には注意して、むやみに擦ったり、血行不良の原因となる疲れ目を放置することのないようにしてください。
目元の印象は、その人全体のイメージにもつながる大切なポイントです。

いつまでも若々しい目元を保つために、目元マッサージやストレッチを普段のスキンケアにプラスして頑張ってケアしていきましょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

スキンケア・ボディケアなど美容情報満載|ビューティータイムズの注目記事を受け取ろう

目頭のしわの改善法!原因と目元をスッキリ解消するケア方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スキンケア・ボディケアなど美容情報満載|ビューティータイムズの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 炭酸シャンプーの効果がスゴい!頭皮の汚れを落とし抜け毛予防に

  • 育児のイライラで限界!ストレスで壊れる前に読むべき8つの対処法

  • 乾燥肌を体質改善する3つの方法!スキンケアから生活習慣まで

  • 太ももの内側が痩せるダイエット法で内転筋を鍛え隙間を作る!

関連記事

  • 冬のスキンケア方法!乾燥から肌を守る保湿対策とは

  • 炭酸水の美容効果が凄い!キレイになる炭酸水の使い方とは

  • シミの改善法!原因と7つのシミ予防法・化粧水の選び方とは

  • シミの消し方!セルフケアで簡単にシミを消す4つの方法

  • まぶたのしわを改善!目元をスッキリさせ老け顔を解消する方法

  • 春のスキンケア方法とポイント!肌トラブルの原因や注意点とは