1. TOP
  2. スキンケア
  3. 炭酸水の美容効果が凄い!キレイになる炭酸水の使い方とは

炭酸水の美容効果が凄い!キレイになる炭酸水の使い方とは

スキンケア ボディケア この記事は約 7 分で読めます。
炭酸水の美容効果が凄い!キレイになる炭酸水の使い方とは

炭酸水を使った美容法が話題になっています。
本場ヨーロッパでは医療用として使われたり、ここ日本では飲用するのが一般的な炭酸水ですが、飲む以外にも使い方は様々あるのです。

芸能人やモデルさんも炭酸水を美容やダイエットに活用している方が増えてきていますよね。
炭酸水の美容法には、ぜひ取り入れていただきたい女性に嬉しい魅力がたくさんあります。

いつものお手入れに簡単に取り入れられるのもオススメポイントの一つ。
そこで今回は、炭酸水の美容効果とキレイになる使い方をご紹介します。

「最近よく聞く炭酸水ってどんな効果があるの?」「どうやって使うのかな?」と気になっている人はぜひ参考にしてみてください。

 

炭酸水を飲むことで得られる美容効果

炭酸水を飲むことで得られる美容効果

炭酸水は飲むだけでなく、外側から炭酸に触れる事でも身体に良い効果が期待できます。
まずは炭酸水を飲むことで得られる美容効果について紹介していきます。

 

ダイエット

無糖の炭酸水を食前に摂取すると、炭酸水のガスで満腹中枢が刺激されて満腹感を得ることができます。
よって、食べ過ぎ防止に役立つというわけです。

また炭酸は胃腸や消化器官の働きを高める効果もあるので、便秘も解消をサポートします。
この2つの相乗効果で、美しく健康的に痩せることができるというわけです。

 

血行&新陳代謝UP

炭酸水を摂取することで、肌の中の二酸化炭素濃度が上がります。
すると体内で酸素不足だと錯覚が起こり、これを回復するために身体に大量の血液と酸素が送られます。

血流が増えることで血行が良くなり新陳代謝がアップするため、美容にも良い効果があると言われています。

 

疲労回復

人は疲れると体内に疲労物質「乳酸」が溜まっていきます。
炭酸水を摂取すると、体内に溜まった乳酸を体外に排出してくれる働きがあり疲労回復に効くと言われています。

 

冷え性の緩和

炭酸水を飲み血行がよくなることで、冷え性の緩和効果が期待できます。
体の末端の冷えで悩んでいる人は、常温の炭酸水をこまめに飲むことをオススメします。

 

肩こり緩和

炭酸水によって血流を良くすると、 肩こりを身体の内側から緩和する効果も得られます。

 

炭酸水を直接肌に使う際の美容効果

炭酸水を直接肌に使う際の美容効果

炭酸水は、飲む以外にも直接お肌に使うことで得られる効果もあります。

 

美容成分を肌の角質層まで浸透させる

炭酸水は、肌の角質層まで美容成分を浸透させる効果があるといわれています。
保湿成分や美容成分などの効果を引き出すことができるので、より潤いなどを実感することが期待できるでしょう。

 

肌の汚れを吸着して落とす

タンパク質に吸着する性質がある炭酸水を洗顔などに使うと、炭酸が余分な皮脂や角質などに吸着してスッキリと落としてくれます。
その結果、お肌のターンオーバーを正常化する働きがあります。

 

肌を柔らかくする

炭酸水には肌を柔らかくする作用があるため、ゴワゴワと硬くなった肌をふっくら柔らかいハリのある肌へと導いてくれます。

 

ニキビ改善

炭酸水を洗顔などに使うと、炭酸の気泡が毛穴汚れを落とし角質を柔らかく剥がしやすくしてくれることで毛穴詰まりを防いでくれます。
加えて炭酸ガスが肌に触れることで細胞の新陳代謝が活性化し、血管を広げて血行を良くします。

このような作用の結果、乱れたターンオーバーが正常に戻るためニキビを改善&予防するのに役立つというわけです。

 

冷え&むくみ解消

炭酸水を入れたお風呂に入ると全身の血行が良くなるため、冷えやむくみ解消に役立つといわれています。
皮膚の毛細血管が拡張するために血圧が下がるので、高血圧や心臓病の人でも安心して入ることができます。

体が温まるので、良質な睡眠にも繋がりますね。

 

キレイになる炭酸水の美容法

キレイになる炭酸水の美容法

それでは炭酸水を使ったオススメの美容法について見ていきましょう。

 

飲む

一番手軽にできる炭酸水の使い方は、ただ飲むだけです。
食前に飲めば満腹感をもたらすため、食べ過ぎを押さえてダイエット効果が期待できます。

また炭酸水は血行を促進したり、疲労回復やデトックス効果も期待できます。

 

洗顔

まず1リットルほどの炭酸水を入れた洗面器を用意し、洗顔する前に洗面器に顔を数秒間浸します。
洗顔前に炭酸水に浸すことで、汚れが落ちやすくなります。

そして洗顔料に炭酸水を少量かけ、よく泡立ててから洗顔を行いましょう。
泡立てるのが苦手な人は百均などで購入できる泡立てネットを活用すると良いでしょう。

新しく入れ替えた洗面器の炭酸水で丁寧に洗い流していきます。
アゴや髪の生え際は洗顔料が残りやすい箇所なのでよく落としてください。

炭酸水で十分に洗顔することでいつもより爽快感を感じることができ、ツルツルの肌触りを実感できるでしょう。
ただし、炭酸水を大量に使うことになるので「スペシャルケア」で取り入れることをオススメします。

 

パック

炭酸水のパックは洗顔した後、化粧水をつける前に行います。
パック用シートやコットンに炭酸水をヒタヒタになるまでつけ、化粧水も少ししみこませます。

それを顔に3分程度のせるだけです。
乾いたままのシートやコットンをそのまま放置すると、水分がシートに逆戻りする恐れがあるので乾く前にはがしましょう。

簡単にできますし、炭酸水も少量で済むので毎日のケアにオススメです。

 

プレ化粧水

化粧水をつける前にプレ化粧水として炭酸水をつける方法も、簡単かつ使用する炭酸水が少ないのでオススメです。
方法はコットンに炭酸水をヒタヒタになるまでつけて、優しくパッティングするだけです。

次に使う化粧水などの浸透を高める効果が期待できます。

 

シャンプー

まずは髪をあらかじめシャワーで水洗いし、ある程度の汚れを先に落としておきます。
空のペットボトルに炭酸水を50ml入れ、シャンプーを混ぜます。

それをよく振って泡立てた後、髪にかけて普段通りのシャンプーをしましょう。
洗い流す際は炭酸水でもいいですが、量がたくさん必要になるので普通のお湯でかまいません。

炭酸シャンプーを行った後の頭皮は、とにかく心地よい爽快感を味わうことができるので夏に行うとスッキリします。
継続的に行えば、健やかな頭皮と髪を育む効果が期待できるでしょう。

 

入浴

湯船に入浴料と1リットルほどの炭酸水を入れます。
38~40度を目安に15~20分ほど、ゆっくり湯船につかりましょう。

水分補給に炭酸水を飲むのもオススメですよ。
お風呂に入れない時は、炭酸水で足浴するのも効果的です。

洗面器やバケツに炭酸水をいっぱいに入れて足浴すれば、血行が促進されてツルツルした肌触りになります。
またシュワシュワした刺激を感じることができるので、リフレッシュ効果も期待できます。

 

炭酸水の注意点

炭酸水の注意点

果糖や液糖など糖分を含む炭酸水は飲み過ぎると逆に太る原因や、虫歯の原因になる場合もあるので注意しましょう。
よって、水と二酸化炭素のみを材料とする炭酸水を使用しましょう。

また炭酸水は胃を刺激するので、胃が疲れている時は摂取を控えた方が良いでしょう。
弱酸性で低刺激の炭酸水ですが、肌の弱い方が肌につける場合はパッチテストを行なってから使用するようにしてください。

 

炭酸水の美容効果と使い方まとめ

炭酸水の美容効果と使い方まとめ

炭酸水の美容効果とキレイになる使い方を紹介しました。

炭酸水には、

  • 血行促進効果
  • ダイエット効果
  • 疲労回復
  • 美容成分を浸透しやすくする効果

などなど、たくさんの魅力があることがわかっていただけたかと思います。

ご紹介した方法は自宅で簡単に取り入れることができる使い方ばかりなので、気分や目的に合わせてぜひ試してみてください。
日々のお手入れに炭酸水美容を取り入れて、健康的な美肌を目指しましょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

スキンケア・ボディケアなど美容情報満載|ビューティータイムズの注目記事を受け取ろう

炭酸水の美容効果が凄い!キレイになる炭酸水の使い方とは

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スキンケア・ボディケアなど美容情報満載|ビューティータイムズの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 炭酸シャンプーの効果がスゴい!頭皮の汚れを落とし抜け毛予防に

  • 育児のイライラで限界!ストレスで壊れる前に読むべき8つの対処法

  • 乾燥肌を体質改善する3つの方法!スキンケアから生活習慣まで

  • 太ももの内側が痩せるダイエット法で内転筋を鍛え隙間を作る!

関連記事

  • 脂性肌の洗顔方法とコツとは!脂性肌を改善するスキンケア法

  • 春のスキンケア方法とポイント!肌トラブルの原因や注意点とは

  • シミの消し方!セルフケアで簡単にシミを消す4つの方法

  • 冷え性の改善方法!手足が冷える原因と11の解消法とは

  • 貧乳にナイトブラは必須?理由とナイトブラの選び方とは

  • 顔汗を止める方法!原因と即効性がある対策方法とは