1. TOP
  2. ダイエット
  3. 断食のメリットデメリット!断食で得る美容効果やダイエット効果

断食のメリットデメリット!断食で得る美容効果やダイエット効果

ダイエット この記事は約 7 分で読めます。
断食のメリットデメリット!断食で得る美容効果やダイエット効果

芸能人や著名人が実践していることから、最近ブームになっている断食。
「断食ってよく聞くけど、メリットって?本当に良いの?」と思っている人も多いのではないでしょうか。

医師のもとで行う1週間以上の本格的な断食とは違って、半日、1日、2日などで行う短期間の断食は、誰でも気軽にできて効果もあります。
断食と聞くと「食事を抜くこと」だと多くの人は思っていますが、実際は水しか飲んではいけないという断食方法もあれば、ヨーグルトなどは摂取してもいいという断食方法もあります。

様々なバリエーションがあるので、断食と一言でいっても自分の体調や生活スタイルに合った断食を行うことが大切です。
そこで今回は、断食で得られる美容や健康、ダイエット効果などの断食のメリットやデメリットをご紹介します。

是非、断食について参考にしていただき、より効果的にキレイになりましょう。

 

断食のメリット

断食のメリット

まずは断食にはどのような効果があるのか見ていきましょう。

 

デトックス&美容効果

断食には体に溜まった老廃物を体外に出すデトックス効果があります。
デトックスで腸がきれいになると、血液の循環や新陳代謝が活発になります。

代謝がよくなることで肌の修復が早くなり、体内の老廃物によるニキビや吹き出物が治るというわけです。
体の内側からきれいになることで、美肌効果にもつながります。

 

ダイエット効果

断食を行うことで摂取カロリーが大幅に削減することができ、短期的に見た場合でも断食をすると痩せる効果があります。
さらにお通じが改善されることにより、体内にあった老廃物が排出され、その効果で体重が減ることもあります。

便秘気味な人の場合、体内に溜まっていた老廃物が一気に排出されるので、多い時には1㎏ほども体重が減ることもあります。

 

健康に良い効果

断食は栄養不足になるため不健康になるのでは?と思われがちですが、断食をすることにより消化器官を休息&回復させることができます。
よって、体内の臓器の機能が活性化され、大腸がんや肝炎、肝硬変などのリスク低減が期待できます。

また偏った食事ばかりしていると血中コレステロールの濃度が高くなるものですが、断食をすると肝臓の機能が活性化されてコレステロール値が正常化されます。
さらに断食をすると、アルファ波が増加して精神が安定化し、集中力がアップするということも分かっています。

 

冷え症改善効果

断食を行うと様々な臓器の働きが活発になり、身体全身に血液がしっかりと巡っていきます。
血の巡りが良くなることで、冷え性が改善します。

 

少食になる効果

当然のことですが、断食をすると満腹を感じることがありません。
通常の食事でいつも満腹になるまで食べてしまう人は、満腹を感じにくくなっていてついつい食べ過ぎてしまう傾向にあります。

その感覚が、断食により正常に戻っていきます。
少食になることで胃腸の働きも良くなり体調も良くなっていきます。

 

眠気と睡眠時間が減る効果

断食をすると無駄なエネルギーが使われなくなるため、脳に必要なエネルギーや血液を回すことができます。
眠気がなくなることで集中力を保つことができますし、スッキリ寝れることが多くなります。

 

断食のデメリット

断食のデメリット

断食には様々なメリットがありますが、その反面デメリットもあります。
断食を実践するなら正しく学びデメリットもしっかり押さえておきましょう。

一番のデメリットは、リバウンドの恐れがあるということです。
断食をして摂取カロリーを大幅に抑えると、脳が飢餓状態と錯覚してしまいます。

よって断食終了後、無意識に食事から多くの摂取カロリーをとろうとするためリバウンドしてしまうというわけです。
断食を頑張ったからといって、脂質や糖質を大量に摂取するのはやめましょう。

また、断食をすると筋肉が落ちてしまうために基礎代謝も落ちてしまいます。
基礎代謝が落ちると、今までと同じ摂取カロリーでも太るようになってしますので注意が必要です。

その他のデメリットは、食欲を抑える忍耐力が必要になるということです。
断食は基本的に1~2日行うので、空腹に耐えなければいけません。

食べたいのに食べれないということがストレスにもなります。
仕事や学校がある日は日常生活に支障が出る危険があるので、週末だけ行う断食がオススメす。

以上のように絶食にはデメリットもあります。
絶食を行う際は、メリットや効果だけに着目するのではなく、デメリットについてもしっかり理解した上で行うようにしましょう。

 

断食の効果を高めるには?

断食の効果を高めるには?

安全で健康的な断食をするためにオススメしたいのが、酵素ドリンクを使用した断食です。
果物や野菜などを発酵させてできた酵素ドリンクは、ビタミンやミネラルたっぷり含まれていますし、程よく甘くて美味しいので断食中の空腹感を紛らわせてくれます。

最低限のビタミンやミネラル、糖分を補給できるから、断食中に体調不良になりにくいという効果も期待できます。
酵素ドリンクに含まれる美容成分で、体の中からキレイをサポートしてくれます。

またドリンクだけの断食はちょっと不安だという断食初心者の方は、まずヨーグルトで絶食してみるのがオススメです。
固形物を食べる時点で完全な絶食とは言えませんが、ヨーグルトにはビタミンやミネラル、さらには乳酸菌やビフィズス菌もたっぷり含まれています。

そのため腸内環境を改善する効果も期待できるでしょう。
ヨーグルトは、プレーン・無糖・無脂肪のものを選ぶようにし、一回100g程度を目安に食べるようにすると良いでしょう。

 

絶食をやる時の注意点

絶食をやる時の注意点

美容やダイエットに良い断食ですから、ぜひ試してみたいという方も少なくないのではないでしょう。
そこで、絶食をやる前に注意点をいくつか紹介したいと思います。

 

栄養不足に注意する

まず第一に注意してもらいたいのが、絶食の期間は摂取カロリーがゼロになるため一時的ですが栄養不足になってしまうことです。
栄養不足が不安だという人は、マルチビタミンなどのサプリメントを摂るようにすると良いでしょう。

1週間以上の絶食を行う場合は、重篤な症状が出てしまう可能性もありますので必ず医師のもとで行なってください。

 

絶食後の食事に注意する

二つ目に注意してもらいたいのが、絶食後の食事についてです。
絶食が終了したからと言って、すぐ普段の食事に戻してしまってはリバウンドしてしまう可能性があります。

胃腸への負担も軽くするため、絶食していた期間と同じだけ復食期間を設ける必要があるのです。
復食期間は、うどんやおかゆなど消化に良いものを少量から食べるようにしましょう。

 

脱水症状に注意する

三つ目は、水分不足です。
私たち人間は、食べ物からも水分を補給していますが、断食をすると水分補給の手段が水を飲むことだけになります。
よって、普段と同じような水分の量だけだと、水分が不足して脱水症状を起こしてしまう場合があります。

断食期間中は意識して水を多く飲むようにしましょう。
目安として2リットル以上が理想的です。

冷たい水は体を冷やしたり、代謝を下げてしまうので常温の水がオススメです。
もしも断食期間に体調が悪くなった場合は、すぐに断食を中止して消化の良いものを摂るようにしましょう。

それでも症状がおさまらない場合は、早めに病院を受診しましょう。

 

断食のメリットデメリットまとめ

断食のメリットデメリットまとめ

断食のメリットやデメリットをご紹介しましたがいかがでしたか?
断食は、美容や健康、ダイエットまで効果の高いものだということが分かったと思います。

断食と聞くとハードルが高いイメージがありますが、期間が1日~3日と短期間なら気軽に挑戦できるのではないでしょうか。
ただし、断食を長期間に渡って行うと危険なので、無理がないよう実践しましょう。

断食で毎日をより健やかに楽しく過ごせるようにしましょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

スキンケア・ボディケアなど美容情報満載|ビューティータイムズの注目記事を受け取ろう

断食のメリットデメリット!断食で得る美容効果やダイエット効果

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スキンケア・ボディケアなど美容情報満載|ビューティータイムズの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 育児のイライラで限界!ストレスで壊れる前に読むべき8つの対処法

  • 乾燥肌を体質改善する3つの方法!スキンケアから生活習慣まで

  • 太ももの内側が痩せるダイエット法で内転筋を鍛え隙間を作る!

  • 敏感肌のシャンプーの選び方と敏感肌を改善するケア方法とは

関連記事

  • 太ももの内側が痩せるダイエット法で内転筋を鍛え隙間を作る!

  • ダイエットでおすすめの食べ物とは!効果的に痩せる食事制限方法

  • ぽっこりお腹の原因とは!解消するための4つの改善方法とは

  • 下腹をへこます解消法!2週間でお腹を引き締めるダイエット

  • ぽっこりお腹解消法!原因と女性の下腹を引き締める簡単な方法

  • 太ももの脂肪を落とす!下半身を細く痩せさせる3つの方法