1. TOP
  2. スキンケア
  3. 日焼けのシミを消す方法!タイプ別シミ改善・予防法

日焼けのシミを消す方法!タイプ別シミ改善・予防法

スキンケア ライフスタイル この記事は約 7 分で読めます。
日焼けのシミを消す方法!タイプ別シミ改善・予防法

UVケアをおろそかにしてしまうと、紫外線を浴びて日焼けをしてしまいます。
しかし、この日焼けがシミの原因になる場合があります。

近年は紫外線がどんどん強くなっているので、ちょっと油断することで大量の紫外線を浴びてしまい、気づいたらシミが目立つようになっていたなんてこともあるでしょう。
美肌の大敵となるシミは1日でも早くケアを始めることが重要です。

そこで今回は、タイプ別のシミ改善・予防法をご紹介しますので、是非とも参考にして下さい。

 

日焼けには種類がある

日焼けには種類がある

日焼けには、皮膚が赤くなって痛みや水ぶくれが起こる「サンバーン」と、紫外線を浴びてから数日後に肌が黒く変色する「サンタン」の2種類があります。

サンバーンは紫外線によって皮膚の細胞組織がダメージを受けることで発症します。
一方、サンタンは角質層の奥まで紫外線が届き、メラニン色素が大量発生することで発症します。

 

シミが出来るメカニズム

シミが出来るメカニズム

シミとなる日焼けはサンタンですが、この状態を引き起こすのは、紫外線の中でもっとも波長が長いUVAです。
UVAが角質層の奥まで入り込むと、肌細胞を守るためにメラニン色素が生成されます。

この色素がターンオーバーによって表皮まで押し上げられると、肌の色が黒くなるのです。
そのままメラニン色素が排出されればシミはできませんが、日焼けをした肌は機能が低下しています。

そのため、排出しきれなかった色素が表皮に残り、さらに活性酸素の影響を受けたりすることで沈着してシミを引き起こすのです。

 

日焼けによるシミのタイプ

日焼けによるシミのタイプ

日焼けによってできるシミには、タイプがあります。
タイプごとにシミの状態が異なるので、シミケアの方法も違ってきます。

美白化粧品を使っても消えないシミもあるので、自分のシミの状態をチェックしてどのタイプになるのか把握しておきましょう。

 

老人性色素班

日焼けのシミの中でもっとも多いのは老人性色素班というタイプです。
老人性色素班は日光性黒子とも呼ばれていて、出来始めは薄茶色であまり目立ちません。

しかしこの段階でケアをしておかないと、活性酸素などの影響で濃くなったりさらに進行することがあります。

 

脂漏性角化症

脂漏性角化症は、老人性色素班が進行することで起こりやすいシミです。
普通の平らなシミと違い、シミが隆起しているのが特徴でいぼと間違えることもあります。

また、色は茶色や黒色だけではなく、淡い褐色や白色もあるので見逃しやすいシミとも言われています。

 

花弁状色素斑

花弁状色素斑は、免疫がないまま強い紫外線を長時間浴びたり、まったく日焼け対策をしないまま日焼けをするとできるシミです。
主に肩や背中にできるタイプで、顔などにできるシミと違い花びらのようにメラニン色素が広がっています。

花弁状色素斑の場合、長年のダメージで発生するのではなく、1度でも強い紫外線を浴びると出来てしまうので要注意です。

 

炎症性色素沈着

炎症性色素沈着の原因はニキビや傷で、強い炎症によってメラニン色素が生成されることで発症します。
ただし、ニキビや傷が出来ている部分に紫外線を浴びることも、炎症性色素沈着を発症する原因となります。

炎症性色素沈着は時間の000経過とともに自然に消えますが、日焼けによって悪化したものは消えないのが特徴です。

 

日焼けのシミのタイプに合わせた改善法

日焼けのシミのタイプに合わせた改善法

シミのタイプの特徴を見れば自分のシミがどのタイプかが分かります。
どんなタイプのシミでも大元の原因はメラニン色素ですが、沈着している状態が違うのでアプローチ方法も違ってきます。

よって、ここではシミのタイプの合わせた改善法をご紹介します。

 

老人性色素班の改善法

老人性色素班は、進行の度合いによって改善法が異なります。
まだ色が薄い状態であれば肌の持つ力で改善できるので、ケミカルピーリングで細胞増殖を促進しましょう。

もしさらに紫外線を浴びて色が濃くなり、目立つ状態であれば美白化粧品でケアをしてください。
美白化粧品の有効成分には、メラニンの生成を防ぐ効果があるものと、メラニンの排出を促すものがあります。

生成を防ぐ美白成分は予防効果しかないので、改善するには排出を促す美白成分が配合された美白化粧品を使いましょう。

 

老人性色素班に効果のある成分は?

メラニン色素を排出する効果が期待できるのは、ハイドロキノンやビタミンC誘導体です。
特にハイドロキノンは肌の漂白剤とも言われるぐらい、強力なメラニン色素還元作用を持っています。

その強い作用は、濃度が高いものだと肌の色さえも白抜きする白斑という副作用を引き起こすほどです。
もちろん正しい使い方をすれば副作用のリスクは低いので、老人性色素班が気になる方はハイドロキノン配合の美白化粧品を選ぶといいですね。

 

脂漏性角化症の改善法

脂漏性角化症は、シミが角化してしまっている状態ですから美白化粧品では対処できません。
基本的には炭酸ガスレーザーや液体窒素を使ってレーザーで治療をするしかないので、クリニックに相談してみましょう。

ただ小さい隆起であれば、ピーリングで少しずつ削ることで改善出来る可能性はあります。
セルフケアでピーリングをしたあとは肌が敏感な状態になっているので、いつもよりもさらにしっかり保湿ケアをしてください。

 

花弁状色素班の改善法

花弁状色素班も、残念ながら一般的な美白化粧品はほとんど効果がありません。
ただし、トレチノインという成分だけは効果があると言われています。

ビタミンA誘導体を含むトレチノインは、古い角質を取り除くピーリング効果やターンオーバーを促進する効果があると言われています。
メラニン色素が染み付いた角質を取り除き、新しい健康な角質細胞の生成を促進して、花弁状色素班を改善する効果が期待できます。

 

トレチノインは誰でも使えるものではない

体内に取り込まれるとビタミンAに変性するビタミンA誘導体を含むトレチノインは、妊婦さんや授乳中の方は使用できません。
ビタミンAは細胞分裂に影響を与えるため、胎児や赤ちゃんの成長を阻害する可能性があるのです。

よって、母乳育児が終わるまでは使わないようにしてください。

 

炎症性色素沈着の改善法

炎症性色素沈着の改善にもっとも効果があるのはビタミンC誘導体です。
ビタミンC誘導体は、体内に入るとビタミンCに変性します。

ビタミンCにはメラニン色素還元作用があるので、炎症によって沈着したメラニンの排出を促します。
さらにコラーゲンの合成を促す働きも持っていますから、傷によって衰えたターンオーバー機能も正常化する効果が期待できます。

 

日焼けのシミを予防して悪化を防ぐ

シミのタイプに合わせた改善法を実践しても、シミの生成を予防しなければ症状は改善されません。
また、場合によっては悪化してしまうこともあります。

シミ改善のためにはメラニンが作られないようにすることも必要ですから、予防法も併せてシミケアに取り入れていきましょう。

 

UVケアを徹底する

日焼けをしないようにするには、とにかくUVケアを徹底することが一番です。
UVケアでもっとも効果的なのは日焼け止めをしっかり塗ることです。

日差しが強い日はSPF50 PA++++のものを使うのはもちろん、曇りの日でもSPF20から30ぐらいの日焼け止めを使ってケアしてください。
また、紫外線はアスファルトや壁などに反射するので、首や脚など直接日差しを浴びない部分にもきちんと塗りましょう。

他にも日傘やUVカット素材のアウターなどを使って、徹底的に紫外線から肌を守ることが大切です。

 

体の中から紫外線対策をする

日焼けは紫外線を浴びることで起こりますが、活性酸素が作られなければその害も大幅に軽減できます。
そのために必要なのが抗酸化作用です。

抗酸化作用は活性酸素を無害化する働きで、ビタミンCやビタミンE、ポリフェノールなどがその効果を持っています。
これらの成分は緑黄色野菜に多く含まれていますが、サプリメントからも摂取できます。

抗酸化物質をしっかり摂取すれば、体の中から紫外線対策ができるのでシミの予防にもつながります。

 

日焼けのシミを消す方法についてのまとめ

日焼けのシミを消す方法についてのまとめ

日焼けのシミを消す改善・予防方法について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?
シミは見た目年齢を引き上げる上に、ずぼらでお手入れをしていない、美意識が低い印象を与えてしまいます。

逆にシミがなければ、肌が白くなくても美しく見えるので、しっかりケアをして透明感のある素肌を目指しましょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

スキンケア・ボディケアなど美容情報満載|ビューティータイムズの注目記事を受け取ろう

日焼けのシミを消す方法!タイプ別シミ改善・予防法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スキンケア・ボディケアなど美容情報満載|ビューティータイムズの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 炭酸シャンプーの効果がスゴい!頭皮の汚れを落とし抜け毛予防に

  • 育児のイライラで限界!ストレスで壊れる前に読むべき8つの対処法

  • 乾燥肌を体質改善する3つの方法!スキンケアから生活習慣まで

  • 太ももの内側が痩せるダイエット法で内転筋を鍛え隙間を作る!

関連記事

  • 目の下のくすみ改善法!原因やくすみを解消する7つのケア法

  • しみ・そばかす対策!原因と効果がある予防方法とは

  • 敏感肌の改善法!スキンケアや生活習慣を変え敏感肌を治す方法

  • シミの消し方!セルフケアで簡単にシミを消す4つの方法

  • 脇汗対策法!原因とひどい脇汗を止める12つの改善方法

  • 顔のくすみ改善法!原因と老け顔を予防するタイプ別ケア法