1. TOP
  2. スキンケア
  3. シートマスクの効果的な使い方!美肌効果を高める4つの方法

シートマスクの効果的な使い方!美肌効果を高める4つの方法

 2018/06/27 スキンケア この記事は約 7 分で読めます。
シートマスクの効果的な使い方!美肌効果を高める4つの方法

一昔前までは、スペシャルケアのアイテムというイメージが強かったのがシートマスクです。
1枚あたりのお値段も高く、化粧水と比べるとコスパも悪いだけに、シートマスクを使うのは贅沢な気分になります。

そんなシートマスクも近年ではお手頃価格のものも増えて、毎日のケアに取り入れやすくなっています。

ですがまだまだスタンダードなスキンケア方法ではないので、

「正しい使い方が分からない」
「毎日使ったら肌を甘やかしてしまうのでは」

など、使い方に悩んでいる方も多いでしょう。

そこで今回は、数あるシートマスクの選び方から効果的な使い方、美肌効果を高める4つの方法を掘り下げてご紹介していきます。
是非とも参考にして下さい。

 

自分に合った効果的なシートマスクの選び方

自分に合った効果的なシートマスクの選び方

シートマスクの魅力は、化粧水よりも美容成分がメインで配合されていることです。
美容成分がたっぷり含まれたシートでパックをするからこそ、理想の肌に仕上がります。

といっても、商品によって使われている美容成分は違います。
よって、シートマスクは自分が求める効果を持っている成分が配合されているものを選ぶことが大切なのです。

 

肌のハリを出してくれる成分

お肌のハリが失われて、しわやたるみが気になってきたという方は、コラーゲンやレチノールが入っているものがおすすめです。
コラーゲンは真皮層で皮膚を支えて、たるまないように内側から押し上げてくれます。

レチノールは活性酸素を減らす働きがあり、特にしわの改善に効果が期待できる美容成分です。
皮膚からは真皮層まで浸透しませんが、角質層に浸透すれば保湿効果で水分をしっかり保持して肌のハリ感をアップする効果が期待できます。

 

シミやくすみを解消してくれる成分

すでにメラニン色素が沈着して、シミやくすみが発生しているお肌にはビタミンC誘導体やアルブチン、ハイドロキノンが配合されているシートマスクがベストです。
これらの美白成分は、メラニン色素を薄くする効果があります。

また、ターンオーバーを活性化すればメラニン色素の排出が促されます。
酵母エキスには新陳代謝を高める働きがあるので、ターンオーバーを正常化するのに効果的です。

 

アンチエイジングに効果的な成分

顔全体が疲れている、しわやシミなどのエイジングサインが出ているという方は細胞を活性化する成分が効果的です。
プラセンタエキスは細胞の分裂を促進してくれます。

プロテオグリカンはヒアルロン酸よりも水分保持機能が高いので、加齢によって水分が失われた肌をうるおいで満たします。

 

乾燥肌を改善したい方におすすめの成分

乾燥肌にはあらゆる保湿成分が必要ですが、一番重要なのはセラミドです。
セラミドは表皮となる角質層で、角質細胞の隙間を埋め尽くしている保湿成分です。

セラミドが不足していると細胞同士に隙間が出来てしまい、水分がどんどん失われてしまいます。
乾燥肌の原因の多くはセラミド不足なので、セラミドがたっぷり入ったシートマスクを選びましょう。

 

シートマスクの効果を最大限引き出す使い方とは?

シートマスクの効果を最大限引き出す使い方とは?

シートマスクは、化粧水や美容液と同じように洗顔後に使うだけというシンプルな使い方です。
よって、使うタイミングなどは特に決まりはありません。

しかし、それでも細かい部分で使い方を間違うと効果が半減してしまいます。
そこで、シートマスクの基本の使い方を解説するので、是非ともマスターしておきましょう。

 

使用時間は推奨目安時間を守ること

シートマスクは長時間肌に貼り付けた状態でも乾きません。
そのため、乾燥するまで貼っておくという方もいるようですがこれは間違った使い方です。

シートが少しでも乾燥すると、肌の潤いが奪われてしまい効果がなくなってしまいます。
長く貼っていれば効果が高くなるというものではないので、推奨されている使用時間を守って使いましょう。

 

シートマスクの使用頻度は?

最近はリーズナブルなものも増えていますが、それでも比較的高価なので使用頻度に迷ってしまう方も多いかもしれません。
使用頻度は自分が決めて問題ありません。

しかし、求める効果を得るには毎日使うのが理想的です。
シートマスクに限らず、美容アイテムは継続することが効果を得るポイントなので、毎日のスキンケアに取り入れるのがベストです。

 

肌トラブルがあるときに使って大丈夫?

ニキビや炎症などが起こっている場合は、シートマスクの成分をチェックしましょう。
商品によって使用されている添加物は違いますが、低価格の商品の場合、防腐剤にパラベンなど刺激の強い添加物が使われているかもしれません。
シートマスクは美容液を浸している状態なので、保存料をたくさん使っている商品も少なくありません。
ですが最近は低刺激性で肌に優しい商品もありますし、肌トラブル解消に効果のある商品も発売されているので、確認してから使ってください。

 

シートマスクで美肌効果を高めるには

シートマスクで美肌効果を高めるには

表皮に留まる時間が短い化粧水や美容液よりも、効果が高いシートマスクは使うだけで美肌効果が期待できます。
ですが、さらに高める使い方があります。

そこでここでは、実践するだけで肌をランクアップできる、実践しやすい4つの方法をご紹介します。

 

肌が疲れているときには集中的に使う

シートマスクを使う頻度に決まりはありませんし、1日に1回使うだけでも効果的です。
ですが肌が疲れているときには、朝晩の1日に2回、毎日使うようにしましょう。

肌色が冴えない、いつもよりどんよりしている、顔全体にハリがないなどの状態は美容成分不足です。
この状態の時にシートマスクでディープケアをすれば回復も早いですから、使用頻度が少ない方は集中的に使ってください。

 

敏感肌や乾燥肌の人はエタノールに注意

シートマスクの種類によっては、少しツンとしたニオイを感じることがあります。
これはエタノールのニオイで、シートマスクに使われることが多い添加物です。

エタノールは揮発性成分なので、使用頻度が高いと肌の乾燥を引き起こすことあります。
よって、敏感肌や乾燥肌の人はエタノールが入っていないものを選びましょう。

 

肌が温まっている状態で使う

化粧水や美容液を塗る時には、手のひらで温めて使うと有効成分の浸透力が高まるというのはよく知られています。
これはシートマスクにも当てはまるのですが、シートマスク全体を温めるのは難しいです。

ですので、お風呂上がりなど肌が温まっている状態で使うと、有効成分の浸透を促進できます。
朝使う時はスチームタオルなどで顔を温めてから貼ると、効率よく有効成分が浸透します。

 

入浴中には使わない

いくら肌が温まった状態で使った方が良いといっても、入浴中に使うのはNGです。
お風呂に入っている時は、目に見えなくても体内から汗が分泌されています。

汗が出ている時は外側からは何も浸透しません。
よって、入浴中にはシートマスクを使っても意味がありませんからやめましょう。

 

シリコンフェイスマスクをプラスする

シートマスクは美容液をたっぷり含んでいますが、その浸透率をさらに高めるにはシリコンフェイスマスクをプラスするのがおすすめです。
シリコンフェイスマスクをシートマスクの上につけると、美容成分の蒸発を防ぐことができます。

このマスクは洗って何回でも使えますし、つけるだけなのでとても手軽です。
ラップでも代用できますが、シリコンフェイスマスクの方がコスパや密着性に優れているのでぜひ使ってみてください。

 

週に一度は肌断食をする

毎日、ステーキやお刺身やフレンチなど豪華な食事をしていたら、胃もたれをしてしまいますね。
これと同じで、毎日スペシャルな有効成分を与え続けると、肌機能が追いつかず負担をかけてしまいます。

よって、週に一度はスキンケアをお休みしましょう。
肌断食をすると肌が持つ治癒力がアップするので、次にシートマスクを使った時には、さらに美容成分を吸収するようになります。

 

シートマスクの効果的な使い方まとめ

シートマスクの効果的な使い方まとめ

スキンケアで肌が綺麗になったりトラブルが改善できたりするのは、有効成分が浸透して肌の内部で働いてくれるからです。
極端に言えば、浸透しなければスキンケアをしても何の効果もありません。

シートマスクは豊富な美容成分が浸透するまで肌に密着させることができます。
よって、理想肌への近道を探している方は今日からスキンケアに是非とも取り入れてください。

 

\ SNSでシェアしよう! /

スキンケア・ボディケアなど美容情報満載|ビューティータイムズの注目記事を受け取ろう

シートマスクの効果的な使い方!美肌効果を高める4つの方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スキンケア・ボディケアなど美容情報満載|ビューティータイムズの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 炭酸シャンプーの効果がスゴい!頭皮の汚れを落とし抜け毛予防に

  • 育児のイライラで限界!ストレスで壊れる前に読むべき8つの対処法

  • 乾燥肌を体質改善する3つの方法!スキンケアから生活習慣まで

  • 太ももの内側が痩せるダイエット法で内転筋を鍛え隙間を作る!

関連記事

  • 日焼けは冷やす!シミやそばかすから肌を守る4つのアフターケア法

  • 敏感肌の改善法!スキンケアや生活習慣を変え敏感肌を治す方法

  • クレンジングの使い方!肌に負担をかけない正しい洗い方

  • 目の下のクマ解消法!原因や種類を知りスッキリ改善

  • セラミドを食べ物から摂取!肌の保湿力を高め乾燥肌を改善する方法

  • 額のしわ改善法!おでこのしわが深くなる原因と3つの解消法