1. TOP
  2. スキンケア
  3. そばかすの原因とは!そばかすの効果的な3つの改善方法とは

そばかすの原因とは!そばかすの効果的な3つの改善方法とは

スキンケア この記事は約 7 分で読めます。
そばかすの原因とは!そばかすの効果的な3つの改善方法とは

鏡を覗いてみたらそばかすができている事に気付き、悩んでいる人も多いのではないでしょうか?
子供の頃からそばかすがある人もいるのですが、大人になってからそばかすができる人もいます。

そばかすができる原因は、それぞれ人によって違うと考えられているのですが、どちらにせよスキンケア方法の改善や生活習慣から見直して防ぐことが大切です。
そこで今回は、そばかすができる原因や改善方法を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

そばかすの原因とは?

そばかすの原因とは?

子供にできるそばかすは、生まれつき色白だったり、両親から受け継いだ遺伝的な原因が強いと言えます。
思春期にでき始めて濃くなっても、思春期の終わり頃には自然と消える場合もあります。

ですが、思春期を過ぎてもそばかすが消えない場合は、大人になってからできるそばかすの可能性があるかもしれません。
ここでは、大人になってからできる「シミ」やそばかすが現れる主な原因について解説していきます。

 

紫外線を浴びて起きる日焼け

日焼けすると、そばかすはできやすくなると言われています。
そばかすのもとになるメラニン色素が多く生成されると、生成されたメラニン色素の排出が間に合わなくなってしまい、肌にとどまりそばかすとなって肌表面に現れてるのです。

 

間違ったスキンケア

間違った洗顔の仕方や、肌に合わない化粧品を使っていたり、肌の負担になるスキンケアはそばかすができる原因になってしまいます。
メラニン色素は、日焼けだけでなく肌への摩擦や化粧品から受ける負担によっても生成される場合もあります。

 

食生活の乱れ

脂質が多い食生活や、栄養不足は肌に影響を与えてしまいそばかすの原因になってしまいます。

 

睡眠不足や運動不足

睡眠不足は肌のターンオーバー機能を低下させてしまい、肌荒れ、敏感肌、そばかすの原因となります。
さらに運動不足も、代謝の低下や血行を悪くする原因となるので肌のトラブルになってしまいます。

 

ストレスによるホルモンバランスの乱れ

ストレスは肌に影響を与えてしまうばかりか、女性ホルモンのバランスを崩してしまうので、そばかすの原因となる場合もあります。

 

そばかすの症状とは

そばかすの症状とは

そばかすは医学的には雀卵斑(じゃくらんはん)と呼ばれ、肌にできた茶色の斑点のことで、多くの人は鼻と左右の頬に現れます。
また、顔以外にも胸元のデコルテや肩、首などの紫外線を浴びやすい場所にもできる場合もあって、主に幼少期から現れて10代の思春期にかけて徐々に濃くなっていくのが特徴です。

 

そばかすができやすい人は?

遺伝的な要因が強く、親にそばかすがある人は、子供の頃からそばかすが出る人もいます。
白人に多く見られ、遺伝的に色白な人に出やすい傾向があります。

また、日頃から紫外線をよく浴びる人は、そばかすの症状が悪化しやすいので注意が必要です。

 

シミとその違いは?

一般的にシミとそばかすの違いは、遺伝性かどうかと言われています。
シミは日頃から大量の紫外線を浴びる生活をしていたり、加齢によって肌の機能が低下することに引き起こされる後天的な症状です。

そばかすは遺伝的な要素が強いので、日頃のスキンケアだけでは症状が現れる事を防ぐのは難しいのです。
ただし、シミとそばかすは別物と言うわけではなく、シミの一種がそばかすだと捉えておくと良いでしょう。

 

そばかすの改善方法

そばかすの改善方法

そばかすの症状や原因について書いてきましたが、ここではそばかすに効果的な改善方法を解説しますので、是非とも参考にしてみてください。

 

①日焼け対策

日焼け対策は夏だけでなく、一年を通して紫外線対策をしておかなくてはならないでしょう。
夏ではない3月や10月頃でも、屋外で長時間過ごすと日焼けをする程度の紫外線量が降り注いでいます。

また、室内にいても窓ガラスを通り抜けて紫外線が入ってきていたり、日陰で直射日光が当たらない場所でも空気中で反射した紫外線の影響を受けているのです。
天気がくもりでも快晴時の50~60%の紫外線量が降り注いでいるので、屋内で過ごすことが多い人でも紫外線対策は大切です。

 

日焼け止め

日焼け止めは汗などで流れてしまうので、SPF 50、PA++++だからといって安心しないようにしましょう。
よって、屋内でも2~3時間おきには塗り直しをすることをお勧めします。

 

日傘やサングラス

長時間にわたって目から紫外線が入ると日焼けする可能性もあります。
よって、長時間屋外にいるときや海や山などに行くときには、UV加工されたサングラスをかけると良いでしょう。

日傘のUV加工は、年数が経つと劣化してしまいます。
古くなったら買い替えたり、UV加工スプレーを吹きかけたりすることをお勧めします。

 

②スキンケアによる対策

そばかす対策として、日常生活でのスキンケアはとても重要です。
しっかりとポイントを押さえて実践しましょう。

 

丁寧なクレンジングや洗顔

間違ったクレンジングや洗顔方法で肌に摩擦を与えてしまったり、肌に必要な油分まで洗い流してしまうと、乾燥肌や敏感肌になってそばかすの原因になってしまうので注意が必要です。

クレンジングは適量を守り、指の腹を使って優しい力加減でなじませます。
クレンジングに時間をかけ過ぎると、肌に必要な油分まで奪いやすくなるのですぐに洗い流します。

洗い流すときには、熱いお湯だと皮脂を落としすぎてしまう場合がありますし、冷たいとクレンジング料の油分が落とせない場合もあります。
よって、38℃程度のぬるま湯で洗い流すようにしましょう。

洗顔に関しては、まずよく洗った手で洗顔料をよく泡立てましょう。
顔の中でも油分の多い額と鼻のTゾーンから洗い始めるようにします。

油分の少ない目元や口元は最後に洗うようにして、時間をかけずに手早くぬるま湯で洗い流しましょう。

 

美白化粧品を使う

日常的に美白化粧品を使うことで、メラニン色素の生成を抑え日焼けによるシミやそばかすを防ぐことができます。
よって、毎日のスキンケアに美白化粧品をプラスすることをおすすめします。

 

③生活習慣の見直し

生活習慣の乱れは、ストレスが溜まって肌トラブルの原因となる場合もあります。
そばかすを防ぐためにも、肌に良い生活習慣が大切です。

 

食生活の改善

栄養バランスが良く、特にビタミンが不足しない食事を心がけていくと良いでしょう。
ビタミンC、ビタミンE、コエンザイムQ10などはお勧めの栄養素です。

 

質の良い睡眠

肌のターンオーバー機能を回復するためには、夜の10時~2時のゴールデンタイムの睡眠が大切だと言われています。
もしもその時間帯に入眠できなくても、睡眠直後の約3時間は肌と深い関わりがある時間となるので、入眠後の3時間に深い睡眠をとる事が大切です。

 

適度な運動

適度な運動で汗をかくことも大切で、運動によって血行が良くなる事で肌機能も高まりそばかすの予防にも繋がります。
また、体を動かすとストレス解消にもなり、良質な睡眠も期待できるので無理のない程度の運動は必要です。

 

④メイクや専門治療

そばかすができてしまった場合、メイクで隠すことも必要です。
また、内服薬や外用薬で治したり、医師と相談して美容皮膚科での治療を受ける必要もあります。

 

そばかすの原因と改善法まとめ

そばかすの原因と改善法まとめ

遺伝性が強い子供のころのそばかすは、日焼け対策などで解消される場合も多いのです。
しかし、大人になってから現れるそばかすは、日々の生活の中での予防によって進行を食い止めることができるでしょう。

また、現れてしまったそばかすはメイクで隠すこともできます。
しかし、気になってしまうのであれば、専門の治療を考えても良いのではないでしょうか。

ここでご紹介したそばかす解消法を実践していただき、シミやそばかすの肌トラブルを解消して、潤いのある美白美人になりましょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

スキンケア・ボディケアなど美容情報満載|ビューティータイムズの注目記事を受け取ろう

そばかすの原因とは!そばかすの効果的な3つの改善方法とは

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スキンケア・ボディケアなど美容情報満載|ビューティータイムズの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 育児のイライラで限界!ストレスで壊れる前に読むべき8つの対処法

  • 乾燥肌を体質改善する3つの方法!スキンケアから生活習慣まで

  • 太ももの内側が痩せるダイエット法で内転筋を鍛え隙間を作る!

  • 敏感肌のシャンプーの選び方と敏感肌を改善するケア方法とは

関連記事

  • 鼻の黒ずみ除去法!角栓や黒ずみを解消する正しいケア法

  • クレンジングの種類や特徴!肌質別の選び方や使い方まとめ

  • 二の腕のぶつぶつ改善法!原因や自宅でできる6つの治し方とは

  • ニキビの保湿ケア法!肌を乾燥させないスキンケアや注意点とは

  • 日焼けは冷やす!シミやそばかすから肌を守る4つのアフターケア法

  • 冬のスキンケア方法!乾燥から肌を守る保湿対策とは