1. TOP
  2. スキンケア
  3. ターンオーバーを促進させ肌を若返らせる4つの対処法

ターンオーバーを促進させ肌を若返らせる4つの対処法

スキンケア この記事は約 10 分で読めます。
ターンオーバーを促進させ肌を若返らせる4つの対処法

キメの整った毛穴レスの美しい素肌は、女性にとっては何歳になっても憧れですね。
ですが、一生懸命スキンケアをしても、肌トラブルに悩まされている方は少なくありません。

実は美肌というのは、外側からのケアだけではなく、ターンオーバーが正常に行われることも重要な要素の1つなのです。
ターンオーバーのサイクルが乱れている限り、いくらスキンケアを徹底しても、肌は何らかトラブルを起こしてしまいます。

肌は内側から作られるものです。
よって、その鍵を握るターンオーバーを意識することが美肌への近道になるのです。

ここで今回は、ターンオーバーを促進させて肌を若返らせる方法を解説していきます。

 

炭酸パック 潤つやリッチ

ターンオーバーとは?

ターンオーバーとは?

ターンオーバーは耳にしたことがある、という方でも、具体的にどんなことなのかは知らないかもしれません。
簡単に言うと肌の新陳代謝のことですが、そう聞いてもピンとこないでしょう。

ターンオーバーを促進するには、ターンオーバーはなんなのか、どういった仕組みになっているのかを知る必要があります。
ここでは、ターンオーバーについて詳しく解説していきます。

 

ターンオーバーとは肌が生まれ変わるサイクルのこと

肌を構成する角質細胞は、一定の期間で新しい肌細胞と入れ替わります。
このことを新陳代謝というのですが、ターンオーバーも同じ意味で肌が生まれ変わるサイクルのことになります。

肌は、皮下組織と真皮、表皮の3層構造になっていて、皮下組織の一番下にある基底層で新しい肌細胞が生成されます。
肌細胞は皮下組織から真皮、表皮へと押し上げられていく課程で角質に変化し、表皮にたどり着くと古い角質が剥がれ落ちます。

この一連のサイクルが「ターンオーバー」です。

 

ターンオーバーの乱れについて

よく、ターンオーバーが乱れるといいますが、これは肌細胞の生成が滞ったり、古い角質が剥がれ落ちなかったりすることです。
本来であれば、表皮の角質が古くなるタイミングで新しい肌細胞が押し上げられてきます。

ターンオーバーの周期は年齢によって異なるものの、平均は約30日ですから、30日で健康な角質細胞が出来上がるはずなのです。
しかし、この周期が乱れると新しい角質が表皮に上がってこないので、古い角質は肌に残ってしまいます。

これがターンオーバーの乱れというものです。
古い角質は水分保持機能が低下したり、色素沈着が起こったりするので、ターンオーバーが乱れるとさまざまなトラブルが引き起こされます。

 

ターンオーバーが乱れると何が起こる?

美肌を目指すうえで、なぜターンオーバーが重要になるのかは、肌の生まれ変わりに関わっているということだけではありません。
ターンオーバーが乱れると、美肌を阻害するトラブルが引き起こされるのです。

たとえば、シミやくすみの原因となるメラニン色素は、ターンオーバーによって排出されます。
そのためターンオーバーが乱れると、古い角質細胞に蓄積してしまうのでシミやくすみが出来てしまいます。

また、古い角質は水分保持機能が低下するので、肌の乾燥やキメの乱れも引き起こされます。
他にも肌のハリがなくなってシワやたるみが起こったり、肌の透明感が失われたりするなど、美肌とはほど遠い状態になってしまうのです。

 

ターンオーバーが乱れる原因

ターンオーバーが乱れる原因

ターンオーバーの周期は、加齢とともに遅くなっていきます。
これが、年齢を重ねるごとに目立ってくるシワやシミなどのエイジングサインの原因になります。

しかし、ターンオーバーが乱れる原因は加齢だけではありません。
洗顔で肌をごしごし擦って刺激を与えたり、スキンケアをしていても保湿不足だったりすることも乱れの原因になります。

ですが、もっとも大きく影響するのが生活習慣です。
ターンオーバーの乱れる原因は生活習慣の中にあるので、年齢に関わらず注意が必要です。

 

睡眠不足や質の悪い睡眠

睡眠不足や質の悪い睡眠

肌の再生は成長ホルモンによって行われますが、成長ホルモンは睡眠中にしか分泌されません。
そのため、睡眠時間が短かったり眠りが浅かったりすると、十分に分泌されないのです。

成長ホルモンは、肌細胞だけではなくあらゆる細胞の再生に使われるので、分泌量が少ないと肌の再生分が足りなくなってしまいます。
この状態が毎日続けば、ターンオーバーもどんどん遅くなるので、肌の老化が加速することに。

特に、寝る直前までスマホをいじっていると、ブルーライトの刺激で交感神経が活性化されて眠りの質が低下するので要注意です。

 

運動不足

運動不足

ターンオーバーを行うためには細胞を作る栄養素が必要ですが、どんなに栄養素を摂取しても、血液がしっかり流れていなければ必要な部分に届きません。
血液は常に体内を循環していますが、運動をして筋肉を動かさないと循環する血液の量が減少します。

血液量が減少すれば、運ばれる栄養も減少するので、細胞を作るサイクルが遅くなりターンオーバーが乱れます。
通勤通学、家事、買い物など生活活動をするだけでも体は動かされていますが、こういった活動ではほとんど筋肉を使いません。

血液を押し流すのは筋肉ですから、筋肉を使う運動をしていないと血流が悪くなり、結果的に肌が栄養不足になるのです。
サプリメントや美容ドリンクを飲んでも肌の調子が悪いという方は、運動不足のせいで栄養が行き届いていないのかもしれません。

 

ストレスが溜まっている

ストレスが溜まっている

ストレスが溜まると、体はそれに対抗するために交感神経を活発に働かせます。
交感神経は副交感神経と交互に働いて自律神経のバランスを保っていますが、ストレスを感じると交感神経だけが活性化してしまうのです。

すると、副交感神経の働きが低下してしまい、自律神経のバランスが崩れます。
自律神経は体温や皮脂の分泌など体の機能をコントロールしていますが、ターンオーバーのサイクルにも関わっています。

そのため、ストレスによって自律神経がバランスを崩すと、ターンオーバーの乱れが引き起こされるのです。
プチストレスは体の機能を活性化しますが、慢性的にストレスを感じたり、ストレスを発散できず溜めたりすると肌トラブルにも繋がります。

 

偏食や不規則な食事

偏食や不規則な食事

肌細胞はもちろん体を構成するために必要な栄養は、基本的に食事から摂取します。
好きな物しか食べない食生活では、当然ですが摂取できる栄養が偏ってしまい、肌に必要な栄養が不足します。

また、栄養を吸収するには規則正しく食事を摂らなくてはいけないので、食事時間が不規則でも栄養不足になります。
サプリメントなどでカバーしているとしても、それだけで栄養のバランスを整えることはできません。

肌細胞の生成は、特定の栄養だけ摂取していれば良いというものではなくバランスが重要です。
自分の食生活を見直してみて、食事の偏りや食べる時間帯が不規則という方は要注意です。

 

過度な食事制限をするダイエット

過度な食事制限をするダイエット

ダイエットにはいろいろな方法がありますが、短期間で体重を減らせるのは短期間断食をするファスティングや単品ダイエットです。
食べる量を大幅に減らせば、もちろんすぐに体重は落ちます。

しかし、食べるものを制限したり特定の栄養しか摂らなかったりすれば、肌細胞を作る栄養が不足するのでターンオーバーも乱れます。
それだけではなく、不要物を排出したり脂肪を燃焼したり、体の健康に関わる機能が全体的に低下してしまいます。

ファスティングは乱れた食生活をリセットするのに適していますが、間違ったやり方では体に負担をかけるだけです。
ちなみに、過度な食事制限をして痩せても、すぐにリバウンドして痩せにくい体になってしまうので絶対に止めましょう。

 

ターンオーバーを促進させる4つの対処法

ターンオーバーを促進させる4つの対処法

ターンオーバーを促進させるポイントは3つあります。

1つは、ターンオーバーの乱れで残ってしまっている古い角質を落とすこと。
2つめは、水分をしっかり補給して肌の環境を整えること。
3つめは、ターンオーバーを阻害する肌への刺激や血行不良を改善することです。

この3つを無理なく実践できる方法を4つご紹介するので、できることから始めてみてください。

 

ピーリング石けんで古い角質を落とす

ピーリング石けんで古い角質を落とす

古い角質は、自然に剥がれ落ちるものもありますが、中には残ってしまうものもあるので、しっかり落としきらなくてはいけません。
そこで有効なのがピーリング石けんです。

ピーリング石けんには、古い角質を溶かすAHA(フルーツ酸)などが配合されています。
これで洗顔をすれば古い角質を落としきれるので、肌機能が働いて新しい肌細胞の生成が促進されます。

ただし、毎日の洗顔で使ってしまうと、健康な角質まで落としてしまうので週に1回のペースで使ってください。

 

ピーリングの注意点

ピーリングアイテムは、石けんだけではなくスクラブや角質を絡め取るジェルなどもあります。
スクラブは、細かい粒子で古い角質を落としますが、同時に肌を傷付けてしまうので絶対に使わないのがベストです。

ジェルも古い角質だけではなく、新しい角質まで剥がしてしまうため肌が乾燥します。
ピーリング石けんも頻繁に使うのはNGですが、他のピーリングアイテムは肌へのダメージが大きいので注意しましょう。

また、ピーリングだけではなく洗浄力の強い洗顔料も肌に負担をかけてターンオーバーを低下させるので要注意です。

 

スキンケアは水分補給と保湿を徹底する

スキンケアは水分補給と保湿を徹底する

肌の機能を正常に働かせるには、肌の水分量がポイントになってきます。
水分が不足している状態では、ターンオーバーサイクルが遅くなってしまうので、スキンケアでは水分補給を保湿を徹底してください。

化粧水は、乾燥を感じる部分には重ねづけをすること、肌が冷たくなるまで浸透させることで十分な水分補給ができます。
保湿は、必ず乳液かクリームをつけることです。

ベタつくからといって美容液だけでスキンケアを終わらせると、保湿不足で水分が蒸発してしまいます。
保湿のためには油分が必要不可欠なので、スキンケアの仕上げには乳液もしくはクリームの油分で肌をカバーしてください。

 

マッサージで顔の血行を促進する

マッサージで顔の血行を促進する

肌機能を活性化するには、血液の流れが重要です。
顔の血管は細いので、運動不足や冷えなどで血流が滞りやすいため、マッサージで促進しましょう。

マッサージクリームを顔全体に塗ったら、中央から左右、上下にマッサージをしてください。
このとき、こりを感じる部分があれば、軽く押してほぐすとマッサージ効果がアップします。

全体をマッサージしたら、最後はおでこからこめかみ、耳の後ろを通って鎖骨まで、老廃物を流すイメージでなで下ろしましょう。

 

マッサージは軽く触れるぐらいの強さにすること

血行を促進しようとすると、つい指に力が入ってしまいますが、強めのマッサージはしわやたるみの原因になります。
血液は、力を込めてマッサージすれば流れが良くなるというものではありません。

撫でる程度の強さでも、血液の流れを促すことはできるので、刺激を与えないように注意してください。

 

規則正しい生活習慣を身につける

規則正しい生活習慣を身につける

ターンオーバーの乱れは、生活習慣の乱れで起こると言っても過言ではありません。
どんなにターンオーバーを促進する方法を実践しても、生活習慣の乱れによって阻害されてしまいます。

規則正しい生活習慣は、美肌を作る土台にもなります。
生活習慣を変えるだけで肌も変わっていきますから、しっかりと整えましょう。

 

質の高い睡眠を取る

睡眠は時間よりも、寝ている間の質が重要です。
レム睡眠とノンレム睡眠のバランスが取れていれば、短時間の睡眠でも成長ホルモンが分泌されます。

長時間眠っても、質の悪い睡眠では肌の修復も行われません。
質の高い睡眠を取るには、睡眠前の環境がポイントです。

寝る1時間前には間接照明などで灯りを落とし、静かな環境を作って副交感神経を優位にしましょう。
副交感神経が働いた状態で眠れば、質の高い睡眠が取れます。

 

ターンオーバーを促進させ肌を若返らせる方法まとめ

ターンオーバーを促進させ肌を若返らせる方法まとめ

ターンオーバーを整えることが大事、ということは知っていても、今まで意識しなかったという方も多いかもしれません。
確かに、ターンオーバーは目に見えるものではないので、意識する方が難しいでしょう。

ですが考え方を変えれば、ターンオーバーを意識するだけで肌は健康になるので、結果は目に見えます。
もちろん細胞レベルのことですから、今日意識すれば明日肌が変わるということはありません。

しかし、肌は日々新陳代謝を繰り返すことで健康を保っていますから、時間はかかっても必ず肌の変化を実感できます。
美肌は1日にして成らずですから、まずはターンオーバーを促進する方法を実践して、1ヵ月後の美肌を目指しましょう。

 

炭酸パック 潤つやリッチ

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

ターンオーバーを促進させ肌を若返らせる4つの対処法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 毛穴のブツブツ改善法!肌に優しいスキンケアと角質ケア法とは

  • 腸活に効果的な食べ物4選!腸内環境を整え体の不調を改善

  • ターンオーバーを促進させ肌を若返らせる4つの対処法

  • 秋の抜け毛がひどい女性のための原因と5つの対処法!

関連記事

  • 老け顔を改善法!老けた顔を若返らせる9つの改善・予防法

  • 日焼け止めの効果や時間は?日焼け止めの正しい塗り方とは

  • おでこの乾燥改善法!原因や今すぐできる4つケア法とは

  • 毛穴の開きが治らない人の対策法!正しい毛穴ケアとは

  • 日焼け後の美白ケア法とは!正しい美白ケアで美肌を取り戻す

  • 大人ニキビを治す5つの対処法!自分に合った改善方法を見つる