1. TOP
  2. スキンケア
  3. 春のスキンケア方法とポイント!肌トラブルの原因や注意点とは

春のスキンケア方法とポイント!肌トラブルの原因や注意点とは

スキンケア この記事は約 8 分で読めます。 112 Views
春のスキンケア方法とポイント!肌トラブルの原因や注意点とは

厳しい冬の寒さも和らいで、外を歩くのも足取りが軽くなる春がやってきましたね。
春と言えば、進学や就職・新しい仕事上での環境や、新しい人との出会いがあったり、新たなスタートをきる人も多いのではないでしょうか?

実はお肌にとって春の環境は、年間を通して考えても肌トラブルを起こしやすい条件が揃っている季節でもあります。
よって、春に多い肌トラブルの原因を知ることと、春のスキンケアのポイントをしっかりと学んで置くことは必須です。

そこで今回は、春のスキンケアの注意点や方法をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

春に肌トラブルが多い原因とは

春に肌トラブルが多い原因とは

春になると肌が荒れて憂鬱な気分になる人は多いと思います。
気温も上がり過ごしやすい季節になったとしても、肌が荒れてしまっては気分良く外出するのも悩んでしまいます。

そこで、春になって肌トラブルを起こす様々な原因を解説していきます。

 

春風や気温の変化による乾燥

春になると気温が月を追うごとにだんだん暖かくなって、つい気を緩めてしまいがちになる人も多いのではないでしょうか?
寒い冬には保湿のスキンケアに注意していても、春になるとついサボりがちになる人もいます。

実は、春の3月~5月は気温が上がったとしても湿度は低い状態です。
湿度が低いまま気温が上がり肌の温度が高くなると、肌の乾燥を招く原因となります。

また、気温や湿度が高い夏に比べると分泌される皮脂量も非常に少なく、肌内部の水分が空気中に蒸発しやすくなって乾燥肌になりやすくなってしまいます。

 

自律神経バランスの乱れ

3月~4月中旬までは、三寒四温と言われるように急激な気温の変化や朝晩の寒暖差も激しい時期です。
日を追うごとにだんだん暖かくなっている訳ではないので、急激な気温の変化によって自律神経の働きに大きな影響を与えてしまいます。

冬は寒さに耐えるために交感神経が活発になり、血管を収縮させ心拍数を上げるなどをして体温を維持しようとしています。
一方、夏は副交感神経が活発になり、体はリラックスしている状態になります。

寒暖差の激しい春は、急激に交感神経から副交感神経に切り替わる状態なので、自律神経の乱れが起きやすいのです。

また春は、仕事や学校、転居などによる生活環境や生活リズムに変化が出てくる人も多いこともあり、自律神経が乱れやすい時期といえます。
春は精神面の不安定な面から体調を崩してしまう事も多く、肌の代謝を低下させる大きな原因になってしまいます。

このような理由から、代謝が低下し皮膚を守るための肌本来のバリア機能が衰えて、ニキビができたり敏感肌になって乾燥が進むなどの肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

ちなみに、自律神経には交感神経と副交感神経があり、その働きは下記のようになっています。

 

交感神経

運動や寒暖差などの急激な温度の変化などの外部環境によって活発になる神経で、血圧や心拍数を上げるなど体を興奮状態にします。

 

副交感神経

食事中や睡眠時といった体がリラックスしている時に活発になる神経で、交感神経の逆の働きをします。

 

紫外線の影響

春は夏ほどではなくとも、月を追うごとに紫外線の量が増えていく時期です。

紫外線が人体に与える影響を表したUVインデックスの数値では、年間を通して最も少ない冬で1~2、最も多い夏は7を超えた数値になります。
3月では2~4ですが、5月末には6を超えて、夏の紫外線量のピークである7に非常に近くなっていきます。

日差しが夏のようにきつくないからと油断して紫外線対策をせずに屋外で長時間過ごしていると、確実に肌は日焼けのダメージを受けてしまいます。
冬の間、日差しを受けずに過ごしてきた肌は紫外線に対して無防備になっています。

よって、少しの日差しでも炎症を起こしやすい状態になっていると考えた方が良いのです。

 

花粉や黄砂によるアレルギー反応

花粉症というと、鼻や目のかゆみや鼻づまりの症状が一般的です。
よって自分が花粉症ではないと思っている人も多いですが、花粉症の症状で肌が敏感になっている場合もあるのです。

春は自律神経の乱れや乾燥によって、肌のバリア機能が低下しています。
そこへ花粉が付着して肌トラブルの原因になるということです。

また、中国から飛んでくる黄砂には、目に見えない化学物質が含まれていて肌トラブルの原因になる人も多いのです。

 

春のスキンケアのポイント

春のスキンケアのポイント

自律神経の乱れの原因となる生活環境や気温の変化に対応するには、睡眠や食生活、適度な運動など生活習慣を規則正しくすることが肌トラブルの改善に繋がります。
しかし、それだけでは肌を守ることは難しいので、春に気をつけておきたいスキンケアのポイントをご紹介いたします。

 

クレンジング・洗顔

顔についた汚れを落とすのが重要なのです。
しかし、デリケートになっている春の肌にやみくもに洗浄力の強いクレンジング剤や洗顔料は使わない方が良いでしょう。

 

クレンジング剤を選ぶポイント

肌への負担になるからといって、しっかりとメイクをしているのに低刺激のクレンジング剤を選ぶことは良いとは言えません。

クレンジング剤を選ぶポイントとしては、普段のメイクがしっかり落とせて、なるべく低刺激で保湿成分が配合されているものを選ぶことが大切です。

ちなみにクレンジング剤の洗浄力が高い順は、

  1. オイルタイプ(高)
  2. リキッドタイプ
  3. クリームタイプ
  4. ジェルタイプ
  5. ミルクタイプ(低)

となります。

敏感肌や乾燥肌の人、普通肌でも肌が敏感になっている場合には、ミルクタイプやジェルタイプのクレンジング剤がおすすめです。

 

洗顔料を選ぶポイントと洗顔のポイント

洗顔料も毎日使うものなので洗顔料選びはとても大切です。
肌が敏感になっている春には、負担の少ない自然由来の成分が配合されて、洗いあがりに潤いを与えなるべくきめ細かい泡が立つものを選ぶと良いです。

洗顔方法のポイントとして下記を参考にしてみて下さい。

  1. 洗顔料を温めた手でしっかり泡だてます。
  2. 泡を顔にのせて、泡で肌をなでるように細かく優しく洗います。
  3. 小鼻の脇など細かい部分やくぼみ部分もしっかり洗いましょう。
  4. 32℃が理想的な洗顔をする時のお湯の温度なのですが、ぬるま湯でしっかり流して、柔らかいタオルで肌に優しく押しつけるようにして水気を拭き取ります。

 

保湿が大切

春は、黄砂や花粉、湿度の低さからの乾燥などの刺激から肌を守るため保湿に気を使うことはとても大切です。

保湿のポイントは下記を参考にしてみて下さい。

  1. 洗顔後たっぷりの化粧水で肌に水分を与えます。
  2. 美容液で水分を逃がさないように閉じこめます。
  3. 乳液やクリームで肌から水分が蒸発しないようにフタをしてあげてください。

肌の保湿に効果的な成分のヒアルロン酸・セラミド・グリセリン・尿素といった成分が配合されている製品を選ぶことがポイントです。
また、春は各化粧品メーカーから新商品も多く出るのですが、肌が敏感になっている時に新しい化粧品を使うことは肌トラブルのリスクを高める可能性もあります。

バリア機能が低下している肌に新しい成分が含まれた化粧品は刺激が強いこともあるります。
よって、使い慣れたものを使うなどして化粧品選びも慎重に行うことをおすすめします。

 

紫外線対策

春の紫外線は、肌へのダメージを与えてしまうので、しっかりと紫外線対策をすることも大切です。
日焼け止めは、肌になじむまで20~30分の時間が必要なので外出前の直前のメイクは控えましょう。

日焼け止めを塗るときのポイントは下記の通りです。

  1. 適量(500円玉くらい)を手で温めてまんべんなく塗ります。
  2. 頬の高い部分や鼻などには重ねづけをします。
  3. 顔だけでなく、襟元や手の甲や指など、露出している部分にもしっかり塗りましょう。

SPFやPAが高いからと言って安心していると日焼けの原因になってしまうので、日焼け止めは2~3時間おきに塗り直すように注意しましょう。

 

外出中でのスキンケア

外気からの刺激が多い春には、外出中の簡単なスキンケアをすることも大切です。
そこで化粧直しに必要なメイク道具のほかに、ティッシュやパフと乳液を持ち歩きスキンケアを行うようにしましょう。

外出中のスキンケア方法は下記の通りです。

  1. ティッシュで顔の皮脂を軽くおさえて取ります。
  2. パフで肌をさまざまな方向から撫でるように動かして、毛穴の中のファンデーションを取ります。
  3. 乳液をまんべんなく塗ります。
  4. ファンデーションを薄くパフにのせて、肌に滑らせるように塗りましょう。

さらっとした化粧水は一時的に肌を潤います。
しかし、化粧水の水分と一緒に肌の水分まで蒸発してしまうこともあるので、乳液など保湿成分が配合された乾燥しにくいものを使うことが大切です。

 

春のスキンケア方法についてのまとめ

春のスキンケア方法についてのまとめ

冬の寒さから日を追うごとに外出しやすい季節になってくる春は、肌には危険がいっぱいです。
お花見やピクニックなどのお出かけが多くなりますし、新しい仕事や生活環境での影響も受けることが多い時期といえます。

春は過ごしやすく気持ちがよい季節なので、今回ご紹介した春のスキンケア方法を参考にしていただき、美肌を守りながら春を満喫してください。

 

\ SNSでシェアしよう! /

スキンケア・ボディケアなど美容情報満載|ビューティータイムズの注目記事を受け取ろう

春のスキンケア方法とポイント!肌トラブルの原因や注意点とは

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スキンケア・ボディケアなど美容情報満載|ビューティータイムズの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 頭皮のかゆみやフケを改善・予防する5つの対処法とは

  • 炭酸水の効果が凄い!驚くべき美容や健康の効果・効能まとめ

  • 日焼けのシミを消す方法!タイプ別シミ改善・予防法

  • バストアップは食べ物が重要!胸を大きくする14つの食べ物や栄養素

関連記事

  • 混合肌のスキンケア方法!混合肌の原因と効果的な改善法

  • おでこのしわを消す方法!原因としわを改善するセルフケア法

  • 美容液の効果とは!正しい使い方や順番・種類を美肌作りを

  • 乾燥肌の治し方!お肌の老化を改善する10つのケア方法

  • 若返りの食べ物まとめ!老け顔と肌年齢を改善する食べ物とは

  • シミの消し方!セルフケアで簡単にシミを消す4つの方法