1. TOP
  2. スキンケア
  3. 美肌と睡眠の関係!良質な睡眠が美肌を作り出す

美肌と睡眠の関係!良質な睡眠が美肌を作り出す

 2018/01/25 スキンケア ライフスタイル この記事は約 7 分で読めます。
美肌と睡眠の関係!良質な睡眠が美肌を作り出す

睡眠は美肌維持には欠かせないとよく聞きますが、それって真実なのでしょうか。
実は、美肌は本当に寝ている間に作られているのです。

でも、ただ長い時間ダラダラと寝るだけではいけません。
ぐっすり良質な睡眠をとることで、お肌の新陳代謝を促す成長ホルモンが分泌され美肌が作られるのです。

たくさん寝ているのに肌が荒れてしまうという人は、自分の睡眠を見直してみてください。
睡眠とお肌の関係を知り、美肌に近付きましょう。

 

美肌と睡眠の関係

美肌と睡眠の関係

「美肌を作り出すゴールデンタイムは、22~2時の間。だからこの時間帯は寝てなきゃ駄目!」という話を聞いたことはありませんか?
実はこの話は、都市伝説に過ぎません。

美肌に関係する成長ホルモンは、確かに睡眠中に多く分泌されます。
しかし、その分泌量は時間帯ではなく睡眠のリズムの影響を大きく受けているのです。

ちなみに成長ホルモンは、肌の老廃物を排出してターンオーバーを正常化したり、コラーゲンなどの美肌成分をつくり出す細胞を活性化させる働きがあります。
22~2時のゴールデンタイム説は、昔の人の生活習慣から導き出した時間帯であり、忙しい現代人には必ずしも当てはまらないことが分かっています。

今最も有力な説は、「成長ホルモンが分泌されるのは入眠後3~4時間である」ということです。
よって重要なのは、寝付いてから3~4時間にしっかり良質な睡眠をとることが大切です。

もちろん早寝早起きは美容にとっても良いですが、「忙しくて22~2時の間は寝れない!」というような心配は無用です。
眠り始めの質を高めて睡眠を上手に活用し、美肌を育みましょう。

 

良質な睡眠をとるための方法

良質な睡眠をとるための方法

美肌を維持してくれる成長ホルモンをできるだけ多く分泌させるためには、寝付いてから3~4時間にしっかり良質な睡眠をとることが大切だということは分かりました。
では、どうすればこの時間帯に良質な睡眠を得ることができるのかというポイントをご紹介します。

 

寝る前はリラックスする

寝る前にクラシックなど心地よい音楽を聴いたり、アロマなどの良い香りを楽しんだり、軽いストレッチなどをするとリラックス効果が高まり寝付きがよくなると言われています。
リラックス方法は人それぞれ違いますので、自分に合ったものを探してみると良いでしょう。

 

体内時計をリセットする

人間の体は体内時計によって覚醒と睡眠の切り替えを行っています。
よって、朝起きたら光を浴び、夜ぐっすり眠れるよう生活のリズムを整えるように心がけましょう。

学校や仕事が休みの日にお昼すぎに起きて、夜いつもどおりの時間に寝ようとしてもなかなか眠れない状況に陥ってしまったという経験のある人はいませんか?
これでは深い眠りに達しないため、成長ホルモンの分泌量も減ってしまいます。

美肌を維持するためには、毎朝決まった時間に起きて決まった時間に寝るという生活が望ましいのです。

 

血糖値を低い状態にして寝る

血糖値が高いままだと成長ホルモンはきちんと分泌されません。
美肌効果を得たい場合、睡眠時に血糖値を低い状態にしておくことが大切です。

よって、理想は寝る3時間前までには食事を終わらせておくこと。
そして夕食には、血糖値が上がりにくい納豆や高野豆腐などアルギニンを多く含む食材がオススメです。

また眠りを妨げるカフェインやアルコール類は、寝る前に摂ることは控えた方が良いでしょう。

 

適度な疲労感を身体に与える

適度な疲労感を感じられる運動を行うことで、深い眠りが促されます。
また、腕立て伏せや腹筋などの筋トレをすると成長ホルモンはたくさん分泌されると言われています。

筋トレは翌日に少し筋肉痛を感じる程度で良いでしょう。
オススメの筋トレは、腕を前に伸ばしながら4秒かけてゆっくりと膝を曲げたり伸ばしたりするスクワットです。

注意点として、膝を深く曲げすぎたり、戻す時に膝が伸びきらないようにしましょう。
これを1日に10回程度繰り返すと良いでしょう。

 

寝る時は強い光やスマホを避ける

寝る1時間前は、間接照明に切り替えたり、スマホやパソコンは避けるようにしてください。
強い光やスマホは、脳を活発にするので深い睡眠の妨げになってしまうのです。

スマホやパソコンでのメールチェックやゲームはひとまず我慢して、まずは寝る環境を整えましょう。

 

最低でも5時間は睡眠時間を確保する

睡眠不足はお肌の天敵だというのはご存知の通りです。
成長ホルモンが分泌されるのは寝付いてから3~4時間ですが、お肌のターンオーバーを行うためには少なくとも5時間の睡眠は確保するようにしてください。

起きる時間を考え、なるべくはやく就寝するように心がけましょう。

 

良質な睡眠がもたらす美肌効果

良質な睡眠がもたらす美肌効果

睡眠をしっかりとることで得られる美肌効果は、成長ホルモンの分泌によるお肌のターンオーバー正常化だけではありません。
他にも、睡眠をしっかりとることで女性ホルモンのバランスが整うことが分かっています。

睡眠不足になると疲れで自律神経のバランスが乱れ、美肌や髪のツヤにも関係する女性ホルモンのバランスに影響が出てきてしまいます。
睡眠によって女性ホルモンのバランスが整えば、肌に潤いが戻り、しわ改善などにも役立つのです。

また、睡眠不足だったり寝る時間が不規則だったりで自律神経のバランスが乱れると血行が悪くなりやすくなります。
血行が悪いと、身体に必要な栄養素が隅々まで送れなくなってしまい肌もくすんできてしまいます。

くすみは、シミやしわの原因にもなります。
しっかりした睡眠をとることは血液の流れが良くなり、肌のくすみも改善していきます。

睡眠不足は、様々な肌トラブルを引き起こすことが分かりましたが、十分な睡眠をとれずにいると身体の免疫力が低下しお肌の抗菌作用も弱ってしまいます。

お肌と睡眠には切っても切れない関係があるということを忘れないように、しっかりとした睡眠をとり抵抗力を高めることで丈夫な肌を作っていきましょう。

美肌になりたいなら高い化粧品にお金をつぎ込む前に、まずはしっかりとした良質な睡眠をとることが重要です。
良質な睡眠は、なるべく決まった時間に就寝&起床するなど正しい生活習慣が大切だといえます。

 

睡眠前のスキンケア方法

睡眠前のスキンケア方法

良質な睡眠をとることで、身体の血流が良くなりお肌の調子も整いやすくなります。
よって、睡眠前に十分なスキンケアを行うことで、より効果的なエイジングケアができます。

夜のスキンケアは、肌の負担となっているメイクをクレンジングや洗顔でしっかり落とすことと、お肌にうるおいを与える保湿を強化することが大切となります。

  • 化粧水をハンドプレスでしっかり浸透させる
  • フェイスマスクやフェイスマッサージを行う
  • 油性の保湿クリームで水分蒸発を防ぐ

など、朝に比べて時間的な余裕があるからこそ夜のスキンケアはしっかり丁寧に行ってください。

良質な睡眠と睡眠前のスキンケアで、ハリとツヤのある美肌を目指しましょう。

 

美肌と睡眠の関係まとめ

美肌と睡眠の関係まとめ

今回は、美肌と睡眠の関係についてご紹介しましたが、美肌効果を最大限に得るためには、質の高い眠りと成長ホルモンの分泌が必須ということがご理解いただけたかと思います。
「美肌は夜つくられる」ことを常に意識して睡眠をとるようにして下さい。

必ずしも夜22時に寝る必要はありませんが、睡眠時間を考え余裕を持って就寝できるように心がけてください。
美肌になるために、日頃から生活リズムや食事に気を付け睡眠の質を追求することが大切です。

良質な睡眠がとれているということは、心も体も健康だという証拠でもあります。
健康的な美肌を手に入れるために、睡眠に対して理解を深め睡眠の質を高めていきましょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

スキンケア・ボディケアなど美容情報満載|ビューティータイムズの注目記事を受け取ろう

美肌と睡眠の関係!良質な睡眠が美肌を作り出す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スキンケア・ボディケアなど美容情報満載|ビューティータイムズの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 目元のくすみ改善法!原因や目元が若返る4つの解消法

  • 基礎代謝を上げる6つの方法!太りにくい体質と美肌を手に入れる

  • スキンケアの基本編!正しいスキンケアのやり方や順番を解説

  • 産後の抜け毛はいつまで?原因と抜け毛を改善する7つの対策法

関連記事

  • 日焼け止めの塗り方は間違いだった?美肌を守る6つの紫外線対策

  • 春のスキンケア方法とポイント!肌トラブルの原因や注意点とは

  • ニキビケアの方法とは!原因と効果が高い改善方法をご紹介

  • 目の下のたるみ改善法!老け顔を解消するエクササイズと5つの対策法

  • 子供のワキガ改善方法!原因や臭いを抑える対処法とは

  • 肌のハリがない原因とは!自宅で出来る簡単改善方法とは