1. TOP
  2. スキンケア
  3. 敏感肌の洗顔方法と肌を改善するコツや洗顔料の選び方とは

敏感肌の洗顔方法と肌を改善するコツや洗顔料の選び方とは

スキンケア この記事は約 7 分で読めます。
敏感肌の洗顔方法と肌を改善するコツや洗顔料の選び方とは

「日光に当たるだけで肌がヒリヒリする」
「化粧水をつけると赤くなる」

など、敏感肌で悩んでいる人は意外と多いと思います。
敏感肌とは、乾燥や生活習慣などが原因で肌のバリア機能が低下し、ちょっとした刺激にも過剰に反応してしまう肌のことを言います。

アトピーなどで皮脂のバランスが崩れている場合や、季節の変わり目になると荒れるゆらぎ肌も敏感肌だと言えるでしょう。
敏感肌の人の中には自分の肌に合わない洗顔料や誤ったケア方法によって、肌に負担をかけている場合があります。

そこで今回は、敏感肌の洗顔方法や洗顔料の選び方、肌を改善するコツなどを紹介していきます。
敏感肌は乾燥肌や脂性肌などどんな肌質の人でもなってしまう可能性があるため、「自分は敏感肌じゃないから大丈夫!」なんて思わず、敏感肌にならないように正しい洗顔方法や自分に合った洗顔料をチェックしてみてください。

肌に合ったお手入れで、ツルスベ美肌を手に入れましょう。

 

敏感肌の洗顔方法

敏感肌の洗顔方法

肌をキレイにするため、ついつい過剰なスキンケアをしていませんか?
敏感肌は、肌のバリア機能がボロボロになっているため、洗顔は出来るだけ肌に刺激を与えないようにすることが大切です。

そこで、正しい洗顔方法についてご紹介します。
この機会に、自分の洗顔方法を見直してみてください。

 

①肌をぬるま湯で洗う

皮脂は32度で溶け出すと言われているため、触れると少しひんやりする程度のぬるま湯32℃~35℃で洗いましょう。

高い温度のお湯で顔を洗うと、肌に必要な皮脂も奪ってしまいかねません。
乾燥や肌荒れの原因にもなってしまうのでやめましょう。

 

②よく泡立てた洗顔料で優しく洗う

洗顔ネットなどでたっぷりの泡を作り、皮脂分泌の多い額→鼻→あご→頬→口元→目元の順番で洗顔料を乗せて、泡で優しく洗ってください。
使い終わった洗顔ネットは、清潔に保つことをお忘れなく。

どんなに優しい洗顔料を使っても、大なり小なり刺激になります。
敏感肌は刺激に弱いため、洗顔料を顔に乗せている時間はできるだけ短くし、長くても1分以内には済ませましょう。

よくCMで両手いっぱいに洗顔料を泡立てて、そこに顔を埋めるというシーンがありますが、敏感肌の人は控えた方が良いでしょう。

 

③ぬるま湯で流し忘れがないようによくすすぐ

温度は最初と同じ32℃~35℃のぬるま湯を使いましょう。

洗浄料の洗い残しは肌荒れの原因となります。
よって、すすぎは30回程度を目安に、流し忘れがちな髪の生え際や顎までしっかりすすぐようにしてください。

入浴中だとシャンプーやボディーソープを洗い流す際に、ついでにシャワーを直に顔に当てて洗い流してしまう人が意外と多いです。
しかし、敏感肌にはダメージになることもあるので要注意です。

 

④清潔なタオルで優しくふきとる

ぬるま湯ですすいだ後は、清潔なタオルでポンポンと軽く押しあてるようにして水分をふき取りましょう。
また、一度濡れたタオルは雑菌もわきやすいため、こまめに交換することをオススメします。

 

⑤洗顔後はすぐ保湿する

洗顔後の肌はすぐ保湿しないと乾燥してしまいます。
洗顔を終えたら、素早く化粧水や乳液で保湿することを心掛けましょう。

 

敏感肌の洗顔料の選び方

敏感肌の洗顔料の選び方

敏感肌にとって、洗顔方法と同じくらい大事なのが洗顔料の選び方です。
敏感肌にはどの洗顔料が適しているのかを解説していきます。

 

敏感肌に良い成分

化粧品を購入する際は、必ずパッケージなどに表示されている成分表示を確認してから購入するようにしましょう。
鉱物油、エタノール、アルコール、防腐剤(パラベン)、香料などが配合されていない無添加タイプの洗顔料を選ぶようにしてください。

敏感肌にオススメなのは、グリセリンやスクワラン、天然オイルなど低刺激&保湿効果が高い成分です。

 

シンプルな成分の固形石鹸

洗顔料にはフォームタイプや泡で出てくるタイプなど様々なタイプがありますが、敏感肌の場合は石鹸タイプがオススメです。
添加物が少なくオーガニック由来の洗浄成分が配合されている固形石鹸は、化学成分と違って洗浄力が強すぎないため余分な皮脂だけを落とすことができます。

特に弱アルカリ性の石鹸は、刺激が少ないので敏感肌でも安心して使うことができます。
シンプルな処方のものを選び、出来るだけ肌への負担を抑えるようにしましょう。

 

敏感肌がひどい時は水だけの洗顔も

敏感肌がひどくて、どの洗顔料を使っても刺激に感じてしまう時は、「洗顔料は使わない」選択肢もアリです。
水またはぬるま湯で洗顔することで肌への負担を軽減できるので、敏感肌の人にはオススメです。

 

パッチテストをしてから使う

パッチテストは正直めんどくさいからとやらない人が多いかと思います。
しかし、自分の肌に合わないものを使ってアレルギー反応や酷い炎症を起こしてしまったら元も子もありませんよね。

洗顔料に限らず化粧品を変える時は、必ずパッチテストを行うようにしましょう。
洗顔料のパッチテストのやり方は、まず少量の洗顔料を精製水や蒸留水で薄め絆創膏のガーゼ部分に塗ります。

それを二の腕の内側などの柔らかい場所に貼って、1日程度様子を見ます。
かゆみや炎症が起きた場合は、すぐに使用を中止してください。

二の腕のパッチテストで問題がなければ、さらにフェイスラインの目立たないところに少量の洗顔料を塗って様子をみて問題なければ使用して大丈夫です。

 

敏感肌を改善するコツ

敏感肌を改善するコツ

敏感肌を改善するコツは、まず何が原因で肌のバリア機能が低下してしまったのか突き止めることが大切です。
そこで、考えられる原因についてご紹介していきますので、自分に当てはめ参考にしてみてください。

 

間違ったスキンケア

肌のためだと思ってやっているスキンケアが、実は敏感肌の原因になってしまう場合があります。
特に敏感肌にとって毎日の洗顔は重要です。

間違った洗顔方法は、

  • 洗顔料を泡立てずにそのまま顔に付けて洗う
  • 洗浄力の強い洗顔料を選んでいる
  • 熱いお湯で洗う
  • タオルでゴシゴシ拭く
  • 頻繁にピーリングやスクラブ洗顔、毛穴パックを行っている
  • 洗顔の代わりにふき取り化粧水を使う
  • 合わない洗顔料ばかりだから洗顔をしない

などが挙げられます。
今一度自分のスキンケアを見直してみてください。

 

アレルギー

もともとアレルギーを持っている人は、肌のバリア機能が弱いので敏感肌になりやすいと言われています。
花粉のアレルギーが原因で、春だけいつもより敏感になってしまっている場合もあります。

このようなタイプは、花粉の時期が過ぎると肌の調子も戻ることが多いようです。
アレルゲンを排除することはもちろん、肌のバリア機能を高めるために保湿をしていきましょう。

 

生活習慣の乱れ

睡眠不足や偏った食生活、ストレスなどの生活習慣の乱れは、肌の新陳代謝が低下するため敏感肌を引き起こす原因となります。
常日頃から質の高い睡眠をとることバランスの取れた食事を摂ること上手にストレス発散することを心掛けましょう。

 

敏感肌の洗顔方法まとめ

敏感肌の洗顔方法まとめ

今回は敏感肌の洗顔についてまとめまていきましたがいかがでしたか?
洗顔方法も洗顔料も、種類がたくさんあり悩んでしまいますが、一番信頼できるのはやはり自分自身の肌です。

敏感肌になってしまった時は、必ずその化粧品が自分の肌に合うかパッチテストを行って確認するようにしましょう。
ちょっとの手間を惜しまないようにすることが、揺らぎにくい肌になるためには必要なのです。

洗顔以外にも毎日のちょっとした事で敏感肌が改善できたり、予防することも出来ます。
この機会に自分のスキンケアや生活習慣などを見直し、敏感肌とは無縁の美肌を目指してください。

 

\ SNSでシェアしよう! /

スキンケア・ボディケアなど美容情報満載|ビューティータイムズの注目記事を受け取ろう

敏感肌の洗顔方法と肌を改善するコツや洗顔料の選び方とは

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スキンケア・ボディケアなど美容情報満載|ビューティータイムズの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 髪の毛のパサパサ改善する10の方法!正しいヘアケア法とは

  • クレンジングは乳化が重要!正しい乳化方法や肌への効果を解説

  • セルノートの効果や副作用は?バストアップさせる正しい使い方

  • バストアップは筋トレが重要!大胸筋を鍛え垂れない胸を作る方法

関連記事

  • 眉間ニキビの原因とは!効果的な7つの改善・予防法

  • 美容液の順番やタイミングは?美肌を引き上げる5つの使い方とは

  • 首のしわ改善法!首筋を若返らせる13の解消法とは

  • 顔のしわを消す12個の対策法!老け顔を改善し若返る!

  • クレンジングの種類や特徴!肌質別の選び方や使い方まとめ

  • 脂性肌の改善法!原因とオイリー肌を解消するスキンケア方法