1. TOP
  2. スキンケア
  3. 妊娠の肌荒れ対策!原因や肌トラブルを改善するケア方法とは

妊娠の肌荒れ対策!原因や肌トラブルを改善するケア方法とは

スキンケア この記事は約 7 分で読めます。 66 Views
妊娠の肌荒れ対策!原因や肌トラブルを改善するケア方法とは

妊娠すると本当に幸せな気持ちになるものですが、つわりや体重増加、体の痛みなど様々なトラブルが起こります。
その中でも一番目に付きやすいためにどうにかしたいと悩むのが、ニキビや肌のザラザラブツブツなどの肌荒れではないでしょうか。

妊娠前まで肌トラブルがなかった人でも妊娠してから肌が荒れてしまうこともあります。
「これっていつまで続くの!?」と不安で悩んでいる妊婦は多いといえます。

実は妊娠中は肌荒れしやすいので対策が必要なのです。
そこで今回は、妊娠の肌荒れ対策・予防方法をご紹介します。

原因や肌トラブルを改善するケア方法を知り、妊娠中のスキンケアに役立ててください。
肌に対するストレスを軽減させ、妊娠中でも肌荒れなんかに負けない美肌を目指しましょう。

 

妊娠中に肌荒れする原因と対策

妊娠中に肌荒れする原因と対策

妊娠の肌荒れで多いのは、ニキビや吹き出物、乾燥、痒み、シミなどです。
生理前に肌荒れがあるという女性は多いですが、妊娠中はそれと似たような肌荒れが長い間続いてしまいます。

妊娠で肌荒れする原因は複数ありますので、自分の原因はどれなのかチェックし、タイプに合わせた対策を行いましょう。

 

女性ホルモンの変化

妊娠すると女性ホルモンであるプロゲステロンやエステロゲンが増加するため、ホルモンバランスが大きく変化します。
妊娠中に限らずホルモンバランスが乱れると、肌の水分量や皮脂量が崩れて乾燥を引き起こしたり、皮脂の分泌が過剰になります。

その結果、ニキビや吹き出物、シミが増えやすくなるというわけです。
また、母体の免疫状態が大きく変化するためアトピー性皮膚炎が悪化してしまうケースもあります。

 

対策

妊娠によるホルモンバランスの乱れを助長しないようにするためには、質の高い睡眠をとり生活リズムを整えることが大切になります。
つわりやストレスなどが原因で、妊娠中ずっと寝不足な人もいらっしゃいますが、睡眠中に分泌される成長ホルモンは、低下しダメージを受けた肌の修復に必要なものです。

さらに、出産したら朝方の生活リズムに変えてく必要があります。
肌荒れ解消のため、生まれてくる赤ちゃんのためになるべく睡眠を取ることを心掛けましょう。

質の高い睡眠を取るためには、食事は寝る3時間前までに済ませておくこと、寝る直前はスマホを触らないことなどの工夫が大切です。

 

つわりで栄養が偏る

つわりは妊娠初期に多くの妊婦さんが経験することですが、症状は強い吐き気だったり、食べ物の好みが変わってしまったりと人それぞれです。
そのため栄養バランスを考えて食事をとることが難しくなり、栄養が偏ってしまい肌荒れが起こりやすくなってしまうのです。

さらに妊娠すると優先的に赤ちゃんに栄養や水分が送られる仕組みになっています。
よって、肌をキレイに保つための栄養が不足してしまうことも原因の一つと言えるでしょう。

 

対策

ビタミンやミネラル、良質な脂質、タンパク質が不足しないように栄養バランスのとれた食事を心掛けるようにしてください。
もちろん赤ちゃんのためにと無理して栄養を摂ろうとするのではなく、食べられる物を食べられば良いです。

どうしてもつわりがツラくて食べられないという場合は、主治医に相談してサプリメントをとり入れるとよいでしょう。
また水分が不足すると血液がドロドロになってしまい、肌に必要な栄養や酸素が肌細胞に届きにくくなるため水分補給を小まめに行うことも大切です。

水分補給には、食べ物の消化を助ける効果や便秘改善予防効果、腸内環境を整える効果などもあります。
ただし、糖分を多く含んだジュースやスポーツドリンクなどの清涼飲料水はかえって肌荒れを悪化させる可能性があります。

よって、なるべく常温の水を取り入れるようにしましょう。

 

ストレス

妊娠すると些細なことでもストレスを感じるようになる上に、「ちゃんと赤ちゃんを産めるのだろうか」とつい心配になってしまうものです。
あまり悩み過ぎるとストレスとなり、自律神経の交感神経が優位になって筋肉の緊張を引き起こしてしまいます。

その結果、血行が悪くなってしまい、肌に必要な栄養が届かずに肌荒れが発生してしまうというわけです。

 

対策

ストレスを感じた時は、なるべくリラックスした状態で過ごせるように努力しましょう。
ストレッチなどで無理しない程度に身体を動かしたり、湯船にゆっくり浸かるとリラックス効果が得られると言われています。
この他にも、映画鑑賞や散歩、親しい友人や家族と話をするだけでもストレス発散につながります。

 

便秘

妊娠前は快便だったのに、妊娠してから便秘がちになってしまう人は少なくありません。
便秘になる原因は、女性ホルモンの影響によるものや大きくなった子宮による腸圧迫、ストレスなどが考えられます。

便秘になると便が腸内にたまり、有毒ガスが発生します。
それが体に吸収されてしまうため、肌荒れを引き起こしてしまうというわけです。

 

対策

便秘対策としては、主にバランスのとれた食事を心掛けること、小まめに水分補給すること、適度な運動をすることなどが挙げられます。

 

妊娠中の肌荒れを改善するスキンケア方法

妊娠中の肌荒れを改善するスキンケア方法

妊娠中は普段よりも肌が過敏になってしまうため、今まで使っていた化粧品が急に合わなくなった…なんてこともあります。
妊娠に合わせてスキンケアの見直しをしましょう。

 

化粧品を見直す

妊娠中に肌荒れを起こす原因は、使っている基礎化粧品が肌に合っていない可能性が考えられます。
普段使っている化粧品に含まれている成分でも妊娠すると刺激を感じることがあり、それを無理して使い続けると肌に大きなダメージを与えて肌荒れの原因になってしまいます。

肌が敏感になっていると感じる場合は、敏感肌用などの刺激の少ない基礎化粧品に切り替えましょう。

 

正しい洗顔

妊娠中は女性ホルモンの影響により、皮脂の分泌量が多くなってしまいます。
丁寧な洗顔をし、余分な皮脂を取り除くようにしてください。

清潔な手で洗顔料をしっかり泡立てたら、クルクルと円を描くように肌を擦らない優しい洗顔を心掛けましょう。
洗顔料やクレンジングは、刺激が少なく潤いを守りながら汚れをしっかりと落としてくれるものを使うと良いです。

洗顔料やクレンジングを選ぶポイントは、天然の洗浄成分を使っていること、スキンケア成分が配合されていること、保存料や添加物が少ないことなどです。
無添加のものやオーガニック製品でも合わない人は、赤ちゃんでも使えるものを試してみるのも良いでしょう。

 

保湿ケア

乾燥肌になりやすい妊娠中は、肌のバリア機能を高めるためにも保湿重視のスキンケアをしっかりと行ってください。
化粧水で水分をたっぷり補給した後は、乳液やクリームでしっかりと保湿しましょう。

冬など乾燥する季節は、加湿器やシートマスクなどを上手く使って、いつも以上に保湿対策に力を入れてください。

また妊娠中は紫外線によりシミやそばかすができやすくなっていますので、天候に関係なく十分な紫外線対策が必要です。
日焼け止めは、意識して小まめに塗り直しましょう。

 

妊娠中の肌荒れ対策まとめ

妊娠中の肌荒れ対策まとめ

妊娠中に肌荒れする原因や対策、肌トラブルを改善するスキンケア方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
妊娠中は肌荒れに悩まされやすい時期ですが、出産してホルモンバランスが安定すると改善するケースが多いです。

肌荒れに振り回され過ぎれば、ストレスによって逆効果になりかねません。
赤ちゃんを迎える大切な時期と考えて前向きな気持ちでいることが大切ですね。

神経質にならないように毎日のケアをしっかり行い、妊娠生活を楽しみましょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

スキンケア・ボディケアなど美容情報満載|ビューティータイムズの注目記事を受け取ろう

妊娠の肌荒れ対策!原因や肌トラブルを改善するケア方法とは

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スキンケア・ボディケアなど美容情報満載|ビューティータイムズの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 頭皮のかゆみやフケを改善・予防する5つの対処法とは

  • 炭酸水の効果が凄い!驚くべき美容や健康の効果・効能まとめ

  • 日焼けのシミを消す方法!タイプ別シミ改善・予防法

  • バストアップは食べ物が重要!胸を大きくする14つの食べ物や栄養素

関連記事

  • 乾燥肌の治し方!お肌の老化を改善する10つのケア方法

  • ファンデーションで肌荒れ?原因と正しいファンデーションの選び方

  • 美容液の使い方!種類や順番など正しいケア方法とは

  • 毛穴の黒ずみケアする2つの方法!鼻の毛穴の汚れを大掃除!

  • ニキビケアの方法とは!原因と効果が高い改善方法をご紹介

  • 目頭のしわの改善法!原因と目元をスッキリ解消するケア方法