1. TOP
  2. スキンケア
  3. 目元のくすみ改善法!原因や目元が若返る4つの解消法

目元のくすみ改善法!原因や目元が若返る4つの解消法

スキンケア この記事は約 7 分で読めます。
目元のくすみ改善法!原因や目元が若返る4つの解消法

目元がくすんでいたりトーンが周りの肌より暗いと、疲れた印象を与えたり、実年齢より老けて見られる原因になってしまいます。
もともと目の周りは皮膚が薄い上に皮脂腺が少なく皮脂の分泌量も少ない部分です。

そのため肌のバリア機能も弱いため、ダメージや刺激を受けやすく、肌トラブルも起こりやすいのです。
目元は第一印象を決める大事なポイントです。

そこがくすんだままでは、コンプレックスになってしまって自分に自信が持てません。
魅力的な笑顔はクリアな目元から生まれます。

そこで今回は、目元がくすむ原因や目元が若返る4つの改善法をご紹介しますので、是非とも参考にして下さい。

 

目元のくすみの原因は?

目元のくすみの原因は?

目元のくすみを解消するには、まず原因を知ることが何よりも大切です。
原因が分からないままでは、いくら解消法を実践しても現状維持しかできません。

原因を知っておけば、何にフォーカスして解消法を実践すればいいのかを判断できます。
またくすみの悪化の予防にもなるので、しっかりチェックしておきましょう。

 

メラニン色素の沈着

紫外線を浴びたり、目をこすったりすると目元は他の部位よりも大きなダメージを受けます。
刺激を受けると、防御機能が働いてメラニン色素が生成されます。

メラニン色素は肌細胞を守る役割があるので、決して悪いものではありません。
しかし大量に発生してしまうと、排出しきれずに細胞に沈着してしまうのです。

メラニン色素は肌の色よりも茶色いので、色素沈着によって皮膚の色がトーンダウンすることでくすみが引き起こされます。

 

保湿不足

目元は頬の皮膚の1/10ほどの厚みしかないため、水分を保持する力が弱いです。
よって、スキンケアで保湿をして、水分を蓄える力をサポートしてあげなくてはいけません。

しかし特にトラブルがなかったりすると、他のパーツと同じケアで終わらせてしまうこともあるでしょう。
目元は普通のスキンケアでは保湿不足になってしまいます。

保湿が不足すると乾燥が引き起こされてしまい、うるおいがなくなってくすんでしまうのです。

 

マッサージやクレンジングの摩擦

血行不良を改善するにはマッサージが効果的ですし、毎日のメイクにはクレンジングが欠かせませんね。
ですが、マッサージやクレンジングは肌をこするため摩擦を与えることになります。

見た目では分かりませんが、目元の皮膚は一番薄いまぶただと0.6mmしかありません。
これだけ薄いので、少し力を入れてしまうだけで摩擦が起こってしまうのです。

目元ケアのためにやっていることが、実はくすみの原因になることもあるというわけです。

 

目元が若返る4つの解消法

目元が若返る4つの解消法

どんなにしっかりアイメイクをしても、目元のくすみを完璧にカバーすることはできません。
ファンデーションでトーンアップしようとすると、厚塗りになってしまい結果的に老け顔になってしまいます。

ですので、目元のくすみでお悩みならば、目元が若返る4つの解消法を実践してクリアな目元を目指しましょう。

 

①美白ケアでくすみを改善

茶色くくすんだ目元は、美白成分でケアをしましょう。
くすみに必要なのは、メラニン色素を作らない美白ケアではなくメラニン色素を排出する美白ケアです。

メラニン色素還元作用があるのは、「ハイドロキノン」や「ビタミンC誘導体」、「アルブチン」などの美白成分です。
美白成分が配合されたアイクリームなどをスキンケアに加えれば、効率よくメラニン色素を薄くして肌もトーンアップします。

 

目元を美白するときの注意点

目元を美白するときには、必ず目元専用のアイクリームを使うようにしましょう。
顔全体に使えるものだと、刺激が強すぎるので逆にメラニン色素を発生させる場合もあります。

また、力を入れて塗りこむのも摩擦を引き起こすので、肌に滑らすように塗ることも重要です。

 

紫外線対策も忘れないで

せっかく美白をしているのに、紫外線を浴びてしまったらプラスマイナスゼロになってしまいます。
くすみ改善には、メラニン色素を作らないようにすることも必須です。

紫外線は天候に関わらず1年を通して降り注いでいます。
よって、毎日の紫外線対策も忘れないでください。

 

②たっぷり保湿でうるおいを与える

どんな原因のくすみであっても、絶対的に必要なのが保湿ケアです。
目の周りはどれだけ保湿をしても、やりすぎということはありません。

ですので保湿成分が入ったローションでしっかり潤いを与えて、美容液で美容成分を補給しましょう。
潤いをたっぷり保持している肌はみずみずしく透明感があります。

水分量が不足している限りくすみは消えないので、高保湿成分でケアをしてください。

 

保湿効果の高い成分は?

保湿成分はいろいろありますが、くすみ改善に適しているのは「セラミド」です。
セラミドは表皮となる角質層に存在している成分で、角質細胞の隙間で水分を蓄えています。

また、バリア機能の役割もあるので、デリケートな目元を刺激から守る力もサポートしてくれます。
プラセンタやコラーゲンなどの保湿成分も必要ですが、特にバリア機能が弱い目元はセラミドでの保湿が重要になるのです。

 

サプリメントの活用も効果的

保湿には、水分保持機能が高い「ヒアルロン酸」や「プロテオグリカン」も効果的です。
ただし、これらの保湿成分は真皮層で働くので、外側から補給しようとしても届けられません。

保湿は肌の内側からも出来るので、サプリメントなどを活用して体の中から保湿成分を補給するのもおすすめです。

 

③ツボ押しでターンオーバーを促進

キメが整ってくすみのない肌というのは、ターンオーバーが正常に行われています。
このターンオーバーを促進するには、保湿はもちろん肌細胞を活性化する栄養を送る必要があります。

血行不良のままでは栄養が送られないので、ツボ押しで血行を促進しましょう。

  • 眉頭の下のくぼみにある「攅竹(さんちく)」
  • 目尻にある「太陽(たいよう」
  • 黒目の下には目の周りの血流を改善する「四白(しはく)」

などツボがあるので、気持ちよく感じる程度に刺激を与えるクセをつけましょう。
こまめにツボ押しを続けていけば、ターンオーバーによってキメの整ったクリアな目元になってきます。

③ツボ押しでターンオーバーを促進

 

④応急処置はメイクアイテムを活用

くすみはケアを続ければ確実に解消できます。
とわいえ、すぐに改善できるわけではありません。

そこで、応急処置の解消法としてはメイクアイテムを活用するのもおすすめです。

 

くずれにくいメイク方法

ファンデーションでは隠しきれないくすみには、コンシーラーを使いましょう。
少し固めのテクスチャの方が、よれずに綺麗に隠せます。

ただし固いコンシーラーを無理に伸ばそうとすると負担がかかります。
よって、薬指でトントンと優しく馴染ませるように叩きこんでください。

くすみが消えたら、仕上げはファンデーションではなくルーセントパウダーを使うのがおすすめです。
目元はよく動くためコンシーラーにファンデーションだと崩れやすいので、パウダーで仕上げてナチュラルな目元を作りましょう。

 

肌のトーンを合わせるにはコントロールカラー

目の周りのトーンが全体的に肌と合わない、というくすみであれば、コンシーラーよりもコントロールカラーを使うのがベストです。
くすみをカバーするのに適しているのは、ブルーやパープルのコントロールカラーです。

こういったカラーは透明感を出してくれるので、ほかの部分との色味を整えやすくできます。
目の周り全体にコンシーラーを使ってしまうと、厚ぼったくなってしまうのでコントロールカラーでトーンを揃えてください。

 

メイクアイテムを使うときの注意点

メイクアイテムはくすみをカバーするのにとても効果的です。
ですが、たくさんのアイテムを使ってしまうと顔だけ浮いてしまい不自然な仕上がりになります。

よって、くすみの濃さや範囲に合わせて適したアイテムだけを使うこと、ピンポイントで使うことを意識しましょう。

 

目元のくすみ改善法についてのまとめ

目元のくすみ改善法についてのまとめ

目元のくすみは、シミほど色素沈着が起きているわけではないので改善しやすいといえます。
また、血行不良もツボ押しや正しいマッサージを行えば解消できます。

しかし原因をそのままにしておいては、どんな解消法を実践してもすぐにくすんでしまいます。
さらに、くすみは解消すると同時に作らないようにすることも重要です。

今回ご紹介した、目元のくすみの原因やくすみ改善法を実践していただき、若々しい目元を手に入れて下さい。

 

\ SNSでシェアしよう! /

スキンケア・ボディケアなど美容情報満載|ビューティータイムズの注目記事を受け取ろう

目元のくすみ改善法!原因や目元が若返る4つの解消法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スキンケア・ボディケアなど美容情報満載|ビューティータイムズの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 冷え性を改善する食べ物とは!体を温める食べ物の見分け方

  • 太ももの脂肪を落とす!短期間で脂肪を落とす7つの足痩せ法

  • ハイドロキノンの副作用とは!シミに効果的な理由やデメリット

  • 首のしわ改善法!首筋を若返らせる13の解消法とは

関連記事

  • 顔のたるみ改善法!老け顔を解消するセルフケアとは

  • 脂性肌の治し方!原因や脂性肌を改善する4つの方法とは

  • 敏感肌の改善法!スキンケアや生活習慣を変え敏感肌を治す方法

  • 炭酸パック手作り法!作り方や注意点・市販との効果の違いとは

  • ニキビケアの方法とは!原因と効果が高い改善方法をご紹介

  • 美容液の使い方!種類や順番など正しいケア方法とは