1. TOP
  2. スキンケア
  3. 美容液の効果とは!正しい使い方や順番・種類を美肌作りを

美容液の効果とは!正しい使い方や順番・種類を美肌作りを

スキンケア この記事は約 7 分で読めます。
美容液の効果とは!正しい使い方や順番・種類を美肌作りを

普段通りのスキンケアではシミやシワ、乾燥などが気になって何だか物足りないと感じることはありませんか?
そのような悩みに対して強力な味方になるのが「美容液」です。

美容液はスキンケアの必須アイテムというわけではありません。
しかし、取り入れることでより美しい肌へ導いてくれるアイテムになります。

ただし間違った使い方をしていると、本来の目的である「健康的で美しい素肌でいること」から離れてしまう場合があります。
そこで今回は、美容液の効果や正しい使い方、順番、種類などをご紹介します。

美容液の効果を知り、ぜひ美肌作りの参考にしてください。

 

美容液の種類と効果

美容液の種類と効果

美容液の種類はたくさんあるので悩む人が多いでしょう。
美容液を選ぶ際のポイントは、自分が今一番気になっている肌の悩みに合ったものにすることです。

美容液は大まかに「保湿美容液」「美白美容液」「エイジング美容液」「その他」に分けることができます。
では、美容液の種類の特徴と効果をそれぞれ見ていきましょう。

 

保湿美容液

肌が乾燥していると、老化やニキビ、くすみ、たるみなどを引き起こす原因になってしまいます。
つまり、どんな肌の悩みも改善されないということです。

特に乾燥肌の人は化粧水だけの保湿では不十分です。
化粧水によって補った水分を肌にとどめて栄養を与える効果がある保湿美容液で、しっかり潤いを与えて乾燥を防ぐことが大切です。

セラミド・コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などの高い保湿成分が配合されている美容液を選ぶようにしましょう。
保湿美容液は乾燥肌の人以外にも、乾燥による小ジワが気になりだした人やとりあえず美容液を使いたい人にオススメです。

また保湿美容液は、肌に水分をしっかりと与えてターンオーバーを正常化してくれる効果があるので、ニキビ肌改善にも効果的です。
保湿成分と合わせて高い炎症作用を持つグリチルリチン酸という成分が配合されていれば、よりニキビ改善効果が期待できるでしょう。

 

美白美容液

シミやくすみ、そばかすに悩んでいる人は、美白美容液がオススメです。
美白に有効な主な成分は、ビタミンC誘導体・アルブチン・トラネキサム酸・プラセンタ・ハイドロキノン・コウジ酸などです。

これらの成分が、美白に対する悩みを改善しサポートをしてくれます。
肌を白くしたい人以外にも、紫外線によるダメージを防ぎたい人にも有効です。

美白美容液で白く美しい肌を目指しましょう。

 

エイジング美容液

肌が老化すると、シワや毛穴、ほうれい線などが目立つようになります。
これら肌老化のサインが気になりはじめたら、高いエイジングケア成分が配合されている美容液を使うようにしましょう。

アンチエイジング効果の高い成分は、コラーゲン・セラミド・エラスチン・アミノ酸・スクワランなどです。
毎日コツコツと使い続けることで、シワや毛穴、ほうれい線などを緩和させたり、諸々の肌老化を予防する効果が期待できます。

年齢に応じたケアを行いたい人にもオススメですよ。

 

その他

上記のような美容液以外にも、化粧水・乳液・美容液・化粧下地・日焼け止めの機能を持ち合わせている多機能美容液や、さまざまな肌悩みに対応したオールインワン美容液もあります。
多機能美容液は朝は忙しくてスキンケアに時間をかけたくない人向けですし、オールインワン美容液は肌悩みがあり過ぎて効果を一つに絞れないという人にオススメです。

 

美容液の正しい使い方

美容液の正しい使い方

美容液とは、美容成分をギュッと高濃度に凝縮した化粧品のことです。
「もっと色白になりたい」とか「ニキビを治したい」「シミを消したい」などの気になるお悩みを集中的にケアできます。

これまで美容液の効果がイマイチ実感できなかったという人は、使い方が間違っている可能性があります。

 

美容液の使い方

美容液をまず手のひらに適量とります。
適量が分からないという人は、顔全体に使う美容液なら直径2センチ程度、目元や口元などの集中ケア美容液なら直径1センチ程度を目安にしてください。

顔の数箇所(額・頰・顎・鼻など)に美容液をつけ、内から外へ、下から上へとなじませていきます。
なじませたら、両方の手のひらを使って顔全体を優しく包み込むように押さえましょう。

目元や口元などに使う集中ケア美容液は、指先を使って優しく押さえるようにしてください。
強くこすったりお肌をパンパンたたいてパッティングすると、メラニン蓄積の原因になったり肌の毛細血管が切れてしまう危険性があります。

年齢が上がるほどそういったリスクは高まります。
よって、美容液は優しくつけて美容成分をしっかりと浸透させるようにしましょう。

また美容液は、スペシャルケアとしてたまに使用するよりも、毎日コツコツと使用した方が効果を実感できます。
毎日継続して使用できる価格の美容液を選ぶことも、大切なポイントになります。

 

美容液の順番

美容液の順番

通常、美容液は化粧水で肌を整えた後、乳液やクリームなど油分を含む基礎化粧品を使用する前に使います。
これは始めに油分の多いものを使ってしまうと、その後に使うスキンケア成分が浸透しにくくなってしまうからです。

水溶性である化粧水の後に美容液を使い、最後に油分の多い乳液やクリームなどの化粧品を使うようにしましょう。
メーカーや商品によっては化粧水の前に使用する美容液もありますので、必ず使用手順などを確認するようにしてくださいね。

スキンケアアイテムの一連のステップ

  1. クレンジング
  2. 洗顔
  3. 化粧水
  4. 美容液
  5. 乳液orクリーム

以上となります。

ポイントは、クレンジングと洗顔で肌の汚れをしっかりと落とすことです。
しっかりと肌の汚れを落としておくことで、その後に使う美容液などのスキンケアアイテムの浸透力が高くなります。

 

美容液のNGな使い方

美容液のNGな使い方

美容液の使い方での注意点についてご紹介します。

 

期限切れ

美容液に限らず、期限切れの化粧品はNGです。
商品に記載のない場合は、開封後3~4カ月が目安に、未開封の場合は3年を目安にしましょう。

開封後の美容液を何カ月も使わず放置して、また使い始めることはやめてください。
また美容液を保存しておく場所は、直射日光が当たらず温度が急激に変化しない場所に置くようにしましょう。

 

化粧水や乳液を混ぜる

時短になるからと、化粧水や乳液などを美容液に混ぜて使うことはオススメしません。
美容液の浸透が悪くなってしまったり、成分によっては分離してしまうなど、せっかくの美容成分が台無しになってしまう場合があるからです。

ただどうしても美容液のベタつきが気になるという人は、混ぜて使っても大丈夫かメーカーに確認してみましょう。

 

オイリー肌なのに油分が多い美容液を使う

皮脂の多いオイリー肌の人が油分の多い美容液を使うと、余計肌がベタつく原因になったりニキビのもとになってしまう可能性があります。
薄く塗ったり、油分が少ないサッパリタイプの美容液を選ぶなどして工夫しましょう。

 

肌荒れや刺激を感じる場合

肌荒れや刺激を感じる場合は、美容液が肌の負担にならないように一旦美容液を使うのをやめましょう。
まずは肌荒れした原因を突きとめ、シンプルなスキンケアにすることです。

なかなか改善しない場合は、クリニックなどに相談した方が良いでしょう。

 

美容液の効果や使い方についてのまとめ

美容液の効果や使い方についてのまとめ

美容液の正しい使い方や種類などを幅広くご紹介しました。

ご自身の美容液の使い方は、間違っていませんでしたか?
ついやってしまっていたNGな使い方習慣はありませんでしたか?

ぜひ美容液の使い方や順番をしっかりと頭に入れておいてください。
正しく美容液を使うことができれば、高い効果を実感しやすくなります。

自分のライフスタイルに合わせて美容液を取り入れ、健やかで美しい素肌を目指していきましょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

スキンケア・ボディケアなど美容情報満載|ビューティータイムズの注目記事を受け取ろう

美容液の効果とは!正しい使い方や順番・種類を美肌作りを

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スキンケア・ボディケアなど美容情報満載|ビューティータイムズの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • そばかすを消す方法!原因や簡単にできる6つの解消・予防法

  • 脂性肌の洗顔方法とコツとは!脂性肌を改善するスキンケア法

  • 化粧水の選び方と使い方!自分の肌質にピッタリの化粧水選びとは

  • おでこの乾燥改善法!原因や今すぐできる4つケア法とは

関連記事

  • 顔のたるみ改善法!老け顔を解消するセルフケアとは

  • 肌老化の改善予防法!原因と肌を若返らせるエイジングケアとは

  • シミの消し方!セルフケアで簡単にシミを消す4つの方法

  • 肌のお手入れ方法!10歳若返るための正しいスキンケアとは

  • 胸元のニキビ改善法!原因や効果的な5つの対処法とは

  • 日焼けのシミを消す方法!タイプ別シミ改善・予防法