1. TOP
  2. ダイエット
  3. レモン水でダイエット!デトックス効果で簡単に痩せる方法

レモン水でダイエット!デトックス効果で簡単に痩せる方法

ダイエット この記事は約 7 分で読めます。
レモン水でダイエット!デトックス効果で簡単に痩せる方法

レモン水ダイエットは、セレブやモデル・芸能人の間でも多くの人が実践しているダイエット方法といえます。
レモン1/2個とミネラルウオーターやお湯200ccで作ったレモン水を飲むだけで、痩せられるという「レモン水ダイエット」は魅力的な方法といえます。

▼レモン水の作り方
1.水またはお湯を200cc用意する。
2.レモンを1/2個分絞り、水またはお湯にいれて完成。

注意点として、水はきれいなものを用意しましょう。
水道水のカルキはビタミンCを壊してしまうので、ミネラルウォーターか沸騰させた白湯等の水を用意しましょう。

また、レモンについても有機栽培のものを用意しましょう。

作り方も簡単なので、これなら毎日続けられるとあなたも思ったのではないでしょうか?
そこで今回は、ダイエットや健康効果が優れているレモン水ダイエット方法をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

レモン水のダイエット効果は?

レモン水のダイエット効果は?

レモンはビタミンの宝庫と多くの人から言われ、疲労回復や美容に良いと認識している人は多いのではないでしょうか。
そこで、レモン水を飲んでどのような効果があるのかをまずはご紹介しましょう。

 

脂肪抑制効果

レモンに含まれるポリフェノールの一種であるエリオシトンは、中性脂肪を減らし感脂肪を防ぐ効果があると言われています。
この脂肪燃焼効果を持つポリフェノールは特殊で、柑橘類の中でもレモンとライムにしか豊富に含まれおらず、オレンジやグレープフルーツにはほとんど含まれていない貴重な成分なのです。

この成分は、レモン果汁だけでなく特に皮に多く含まれ、強い抗酸化作用を持っていてガンや生活習慣病の予防効果があると注目されている成分です。
腸内での脂肪の吸収を抑える働きがあり、老廃物の排出も促進するので、無駄な脂肪や老廃物が溜まりにくくする体作りに役立つと言われています。

 

体の代謝アップ

代謝をアップさせるには、脂肪酸をエネルギーに変えて燃焼させる必要があります。
その時に必要なカルニチンはアミノ酸から作られますが、ビタミンCや鉄・ビタミンB6・ナイアシンを無くしては作られません。

レモンには、エネルギーを作る過程や脂肪の燃焼に必要なカルニチンを作るビタミンCが豊富に含まれているので、代謝がアップして太りにくい体づくりを目指せるのです。
また、レモンの酸っぱい成分であるクエン酸は、体内に入るとクエン酸サイクルという回路を使い新陳代謝を活発に行うので、基礎代謝がアップしてダイエット効果が高まります。

 

デトックス効果

起きている間は運動や消化吸収、その他生命維持活動のために体はエネルギーを集中させているのですが、細胞の修復は夜寝ている時に行われています。
そこで古い細胞や老廃物が溜まり朝になると外に出そうと体が働くのですが、そのためには体がしっかりと目覚めて胃腸を活発にすることが大切です。

レモンに含まれた酸やカリウムは、胃腸を刺激して腸に溜まっていた老廃物をスムーズに移動させて排便を促すデトックス効果があります。
毎日のお通じが良くなると、体内の老廃物や毒素のデトックス効果が高まり、太りにくい体づくりに役立ちます。

 

ストレス解消効果

レモンに含まれるリモネンという成分とシトラールという成分には、リラックス効果があり日々のストレス解消に役立ちます。

特にダイエット中は、食生活や生活習慣に気を使うことでストレスを感じる人も多いです。
レモンに含まれる成分効果によるリラックス効果により、ダイエット効果を効率よく高めることができます。

また、ストレスを感じるとビタミンCが失われやすくなるので、ビタミンC補給のためにもレモン水はとても効率が良いのです。

 

食欲抑制効果

レモン水に含まれているペクチンは水溶性食物繊維の一種で、胃の中で膨らんで満腹にする効果があり、食事での脂肪吸収を抑える効果もあるのです。
また、腸内に入ると余計な塩分や脂質、糖質などをゲル状に包んで排出するデトックス効果もあります。

 

レモン水をいつ飲んだら良いのか?

レモン水をいつ飲んだら良いのか?

レモン水ダイエットを始めるにあたって、1日の中でいつ飲むことが効果的なのか知りたいですよね。
そこで、それぞれのシーン別のレモン水ダイエットの効果についてご紹介していきます。

 

夜にレモン水を飲む

レモン水ダイエットでおすすめな時間帯は夜です。
1日の食事の中で、夕食が最もカロリーが高くなっている方は多いからです。

しかも、夜はエネルギーを燃焼する量も少なくなります。
夕食は脂質や糖質も多く含まれた食事になりやすいので、夕食後にレモン水を飲むと、脂肪を代謝させ無駄な脂肪分を吸収させにくくなります。

さらに、寝る1時間前にホットレモン水を飲むこともおすすめです。
体を温めてくれるので、入眠を促す効果があるばかりかレモンに含まれるリモネンにリラックス効果があるので、良質な睡眠がとれ体の代謝を上げてカロリーを燃焼していきます。

 

朝にレモン水を飲む効果

睡眠中の時間帯は、体が古い細胞を修復したり、老廃物や毒素を排出する時間帯です。
そこで、朝起きてすぐにレモン水を飲むことで便秘解消や代謝アップの効果があります。

また、人は就寝中に汗や呼吸で200ml ~300mlの水分が失われているので、起床後の水分補給が重要です。
胃腸を刺激することによって自律神経のバランスを整えることにも繋がります。

 

食事中にレモン水を飲む効果

外食時、レモン水をピッチャーに入れて出された経験があると思います。
食事中にレモン水を飲むと、脂肪分を分解して消化を促進さる効果や脂が体にたまらないよう代謝する効果もあるので、食事中の組み合わせとしては非常に良いといえます。

さらに食べた物が脂肪に変わる前にエネルギーへと変換してくれる効果も期待できるので、脂肪が付きにくくなります。

 

レモン水のダイエット以外の効果とは

レモン水のダイエット以外の効果とは

レモン水はダイエット以外にも多くの効果があるのでご紹介していきます。

 

ビタミンCによる美肌効果

ビタミンCには抗酸化作用とメラニン色素の沈着を防ぐ効果があることから、シミやソバカスの予防につながります。
ただし、レモンは紫外線の吸収を促進させる物質も含まれているので、朝お出かけ前に飲む場合は、多く摂取しないように気をつけた方が良いでしょう。

 

体内時計をリセットしてくれる

レモンに含まれているリモネンには、副交感神経のスイッチを入れて自律神経を整えるリラックス効果があります。
それ以外にも、体内時計を調節してくれ朝の目覚めが良くなる効果もあります。

 

疲労回復効果

クエン酸やビタミンCには疲労回復効果があり、細胞の修復に大切な成分がレモン水には多く含まれています。
さらに、香り成分のリモネンがリラックス効果が高いために疲労回復も高めてくれるのです。

 

レモン水ダイエット効果まとめ

レモン水ダイエット効果まとめ

高いコスパのサプリを飲む事もなく、使う材料がレモンと水を混ぜて飲むだけのレモン水ダイエット。
痩せる効果だけではなく、美容や健康など多くの効果を発揮してくれオススメのダイエット方法といえます。

レモン水ダイエットは、誰にでも続けやすいダイエットです。
自分に合ったシチュエーションでの飲み方や時間帯を自分の生活サイクルに取り入れられれば、体の中から健康的なダイエットにつなげられるようになるので、ぜひ試してみてください。

 

\ SNSでシェアしよう! /

スキンケア・ボディケアなど美容情報満載|ビューティータイムズの注目記事を受け取ろう

レモン水でダイエット!デトックス効果で簡単に痩せる方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スキンケア・ボディケアなど美容情報満載|ビューティータイムズの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 目の下のくすみ改善法!原因やくすみを解消する7つのケア法

  • ピーリングのやり方!自宅でできる正しい角質ケア方法とは

  • 美容液の順番やタイミングは?美肌を引き上げる5つの使い方とは

  • 二の腕痩せに即効性が高い効果的な13つのダイエット方法

関連記事

  • 下腹の脂肪を短期間で引き締める7つの解消方法とは!

  • ぽっこりお腹の原因とは!解消するための4つの改善方法とは

  • 食べても太らない人の特徴とは!おすすめの食べ物や体質改善方法

  • ぽっこりお腹解消法!原因と女性の下腹を引き締める簡単な方法

  • 断食のメリットデメリット!断食で得る美容効果やダイエット効果

  • ダイエットでおすすめの食べ物とは!効果的に痩せる食事制限方法